健康、生活 › 虫歯・歯周病共に、再発の多い病気です。

2020年03月24日

虫歯・歯周病共に、再発の多い病気です。

定期検診とは、虫歯や歯周病にならない為に、もしくは進行しない為に、定期的に歯科医院に通い、メンテナンスをすることをいいます。
定期検診の頻度としては、口腔内の環境は人によって異なりますので一概には言えませんが、おおよそ3~6ヶ月を目安にするといいでしょう。
◎定期検診の目的
虫歯・歯周病共に、再発の多い病気です。
特に歯周病は、一度進行すると治療するのが困難な病気の一つです。日々の進行しないように維持することも大切です。
また虫歯に関しても、一度治したところはもう虫歯にならないと思われている方も多いのですが、実は一度治療した歯は、一度も治療したことのない歯に比べて虫歯になるリスクが高いです。実際に、歯科医院で行われている虫歯治療の大半が治療したところの再治療である場合が多いです。
歯科用オートクレーブ
定期検診は、虫歯や歯周病にならないようにすることで、口腔内の健康を維持することを目的とします。特に治したところが再治療にならないように専門的なメンテナンスを行っていくことが大切です。また、定期検診により歯科医師が口腔内をチェックすることで、できるだけ初期の段階で悪くなったところを治療することが可能です。

定期検診の内容
[歯磨き指導]
歯磨きの方法を教えてもらう機会は少ないと思います。
まずは毎日の歯磨きが効果的に行われているか、チェックしてもらいましょう。
歯ブラシが当たっていないところの当て方や磨き方など自分の口腔内にあったより効果的な方法を身につけましょう。
定期検診の一番大切なところです。
磨けないところを減らしていき、虫歯や歯周病のリスクを下げていくことができます。
歯科用品
[レントゲンによるチェック]
レントゲンでなければわからない所をチェックします。
歯科医師の診査で、必要に応じて撮影します。
視診で問題がないように思われても、2年1回程度は撮影することをお勧めします。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。