健康、生活 › 歯と歯肉の間に歯垢や歯石が溜まり、細菌の繁殖によって炎症が起こった状態です

2020年03月26日

歯と歯肉の間に歯垢や歯石が溜まり、細菌の繁殖によって炎症が起こった状態です

歯周病が原因の口臭治療にも対応、お口の臭いが気になる方はご相談ください
基本治療で歯周病の進行を抑えます。外科的な処置が必要な場合は、大学病院等をご紹介します。

歯周病とは、歯ではなく、歯を支える骨や歯肉などを侵食してしまう病気です。お口の中の細菌によって歯肉が炎症を起こし、歯を支える骨が溶けてしまいます。そしてさらに症状が進行すると、ついには歯を支えきれなくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病は初期段階では症状が現れにくく、自覚症状が出始める頃にはすでに末期状態です。そのまま放置しておくと、歯が抜け落ちてしまうだけでなく、全身疾患を引き起こす可能性もあります。
光照射器 歯科
あなたは大丈夫?歯周病の主な症状
・歯ぐきから血が出る
・歯を磨くと痛い
・口臭が気になる
・朝起きたら口の中がネバネバする
このような症状でお悩みの方は、一度歯科医院で検診されることをお勧めします。歯周病になってしまった場合、早期発見・早期治療がその後の進行を大きく左右するからです。

歯周病の進行具合
軽度歯周病
歯と歯肉の間に歯垢や歯石が溜まり、細菌の繁殖によって炎症が起こった状態です。軽度歯周病であれば、ブラッシング指導や歯のクリーニングを行うことで、比較的短期間で回復します。
ポータブルユニット 歯科
中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着が目立ち、歯肉は炎症を起こしています。少しずつ骨が後退し始め、歯周ポケットが深くなり、歯が動揺してきます。

重度歯周病
歯肉は化膿して、真っ赤に腫れた状態です。骨がかなり破壊されて後退し、歯の動揺がグラグラと大きくなっています。重度の場合、非外科処置では対応できない部位があれば歯周外科で対応します。それでも保存不可能な場合は、残念ながら抜歯になります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。