健康、生活 › 白さを保つには、定期的にホワイトニングを行うことが一番です

2020年04月29日

白さを保つには、定期的にホワイトニングを行うことが一番です

初めてのホワイトニング後は、どんなにきれいになっても短時間は(約1週間)着色しやすいの状態です。その後もう一度、ホワイトニングすることで白さが長持ちします。
まずは複数回のホワイトニングをお勧めします。

またホワイトニングの白さは食生活、生活習慣の違いによって持続性は異なります。
コーヒーや赤ワインなどの色の強い飲食物を好んで召し上がる方とそうでない方、喫煙する方とそうでない方、食後に必ず歯磨きを行い、定期的な歯のクリーニングを受 けている方とそうでない方など、さまざまです。
歯科 口腔内カメラ
白さを保つには、定期的にホワイトニングを行うことが一番です。基本的に歯の色が気になり始めたら、それがホワイトニングのタイミングです。 髪が伸びたから切る、色が落ちたからカラーリング、また冠婚葬祭やパーティがあるから美容院に行くといったタイミングと全く同じです。

また、オフィスホワイトニングは再着色が早いので、ホームホワイトニングの方がいい、という意見を聞きます。正しくもあり、正しくもない、といえます。

オフィスホワイトニングでは短時間に歯の中の着色分子を分解し、その直後には普段の生活に戻りますので、唾液などと一緒に再度「着色分子」が入り込む可能性が高くなります。通常数日後には実感されますので、強く感じられます。
マイクロモーター
ホームホワイトニングは薬剤が弱く、1回の装着で分解される着色物質の量も少ないので、新たな着色物質が入り込む余地はあまりありません。またマウスピースをしていますので、その可能性が非常に低く、2週間のあいだに歯の色に目も慣れてきます。しかし、最終的に到達する目標の色は同じように達成できます。また定期的にオフィスホワイトニングを行うことにより、持続期間は長くなります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。