健康、生活 › 歯周病の影響で歯を支える顎の骨が溶けていないかどうか確認します

2020年06月24日

歯周病の影響で歯を支える顎の骨が溶けていないかどうか確認します

歯周病初期は自覚症状がほとんど無く、「サイレントキラー」と呼ばれるほど気づかないうちに進行。歯を失う原因第一位にもなるお口の中の病気です。大切な歯を失うような事態にならないために、適切な治療補法を知りましょう!
 
 歯周病の検査を受けましょう
 
まずどの程度病状が進行しているのか検査をおこないます。これによって歯周病の段階を「軽度・中度・重度」に分け、それぞれに合った治療方法をご提案します。
 
歯周ポケット検査
「プローブ」と呼ばれる細い針に目盛のついた器具を使って歯茎の深さを1歯ずつ部位別に計ります。
 オートクレーブ滅菌
歯の動揺度検査
歯の頭をピンセットで1本ずつ揺らして動揺度を4段階で評価します。
 
レントゲン検査
歯周病の影響で歯を支える顎の骨が溶けていないかどうか確認します。
 
 まずは歯磨き指導からスタート!
 歯周病の主な原因は、歯磨きが上手くできてないことによって残る歯垢によって歯茎が炎症することから始まります。
まずは根本的な「歯磨き」を改善し、できるだけ歯垢を残さないように歯磨きのやり方や経過をチェックしていくことが歯周病改善には重要なのです。
 根管長測定器
 歯石の除去
 歯垢と同じく、歯石も歯周病の原因のひとつです。歯石は歯垢が長期間歯磨きで落とされることなく蓄積していると石灰化を起こして硬くなり、歯ブラシでは落せない汚れになって沈着してしまった状態。歯石に含まれる歯周病菌が、常に歯ぐきを刺激して歯周病を悪化させる原因となるため、最初の治療法としておこなわれます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。