健康、生活 › 歯が変色する原因としては、加齢や色の濃い飲食物による色素沈着が考えられます

2020年06月29日

歯が変色する原因としては、加齢や色の濃い飲食物による色素沈着が考えられます

なぜ歯は変色するのですか?
歯が変色する原因としては、加齢や色の濃い飲食物による色素沈着が考えられます。

・加齢による黄ばみ
歯は年齢とともにエナメル質が薄くなり、その奥にある象牙質の色が透けて、歯は黄ばんで見えるようになります。

・色の濃い飲食物による変色
お茶やコーヒー、紅茶、ぶどうなどにより、色素が歯に沈着することがあります。
エアーモーター
・神経がない歯の黒ずみ
歯の神経を抜いた場合、栄養素がいきわたらず年月が経つにつれて歯が黒ずんでいきます。

・抗生物質による黒ずみ
テトラサイクリンなどの抗生物質を発育期に服用した場合、副作用で歯に黒い線が出ることがあります。

ホワイトニングは安全なのですか?
ホワイトニングは専用の薬剤を塗って歯を漂白します。漂白に使われる薬剤は、多くの研究と臨床例が報告されており安全性が確認されています。また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば問題が起こることはほぼないでしょう。
ニッケルチタンファイル
ホワイトニングはどのような種類がありますか?
オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。
オフィスホワイトニングは、歯科医院にて歯の表面に薬を塗り、光を当てる方法です。
ホワイトニングの中で最も効果があり早く歯を白くすることが可能な方法です。ホームホワイトニングは、歯科医院でまず歯型を取りマウスピースを作ります。マウスピースの中に専用のホワイトニング剤を入れてホワイトニングしていきます。両方を併用することも可能です、ご相談ください。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。