健康、生活 › 本物の歯と見分けがつかない美しさを半永久的に維持できる

2020年07月28日

本物の歯と見分けがつかない美しさを半永久的に維持できる

セラミックスとジルコニア
歯に使う材料は大きく分類すると高分子樹脂(レジン)系、金属系、セラミックス系があります。レジン、金属、セラミックスもそれぞれ多様な種類があり、様々な特徴持っていています。その無数にある材料の中から状況に合わせて適切なものを選び使用することになります。ここではその中からセラミックス系の従来型のセラミックスと新しいジルコニアについて説明します。

セラミックスとは?
無機質を焼き固めたものです。
粘土を焼き固めた土器や陶磁器、ガラスなども広い意味でセラミックスですが、現在は純粋な原料で作られ結晶構造を持つファインセラミックスのことを、単にセラミックスと呼ぶことが多いです。広い意味でのセラミックスの中で非結晶のものはガラスです。セラミックスは硬い、割れる、曲がらないという特徴があります。ちなみに、金属は原子どうし金属結合している物質です。樹脂(有機質)とセラミックス(無機質)は原子どうしが共有結合しています。
エアータービン
セラミックスの利点
審美性
本物の歯と見分けがつかない美しさを半永久的に維持できる
①個性のある歯の色に合わせることができる
どのような色にも着色できるので、たくさんのサンプルの中から色の種類を選べます。
さらに、それぞれの歯の特徴に合わせて、部分的に色を付け足すこともできます。

②滑沢な表面に仕上げることができるので、本物の歯と同様の輝きを得られる
CR充填、レジン前装冠、ハイブリッドセラミックスなど、樹脂系の白い歯では得られない、ツルツルな表面に仕上げられる為、輝きのある歯にすることができる。

③本物歯と同様に半透明なので、質感も本物の歯と一緒
本物の歯もセラミックスも半透明で、表面の色と内部の色が同時に見えている。
レジン前装冠やハイブリッドセラミックスは不透明なので歯と同様の質感は得られない。
高圧蒸気滅菌器
④半永久的に変質、変色、着色、摩耗がほぼない為、見た目に変化がない
非常に硬く、経年劣化もしない為、表面の輝きは失われず、汚れも付きにくい。
樹脂系の材料は時間と共に劣化し、変色、摩耗が起きる。着色もしやすい。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。