健康、生活 › 歯ブラシでは落とすことのできない表面についている歯石は、機械や器具でしっかりと落とします

2020年08月24日

歯ブラシでは落とすことのできない表面についている歯石は、機械や器具でしっかりと落とします

軽度歯周炎
歯肉炎を適切に対処しないと、歯周炎へと移行していきます。歯茎が腫れた状態が続き、歯茎と歯との溝が深くなります。そうすると、その部分に空気を嫌う歯周病菌が溜まりやすくなり、歯を支えている骨が徐々に溶かされ始めます。
症状
歯茎は赤く腫れた状態で、簡単に出血しやすい状態が続きます。それに加え、歯を支えている骨が破壊されてくるので、歯茎も下がり始めます。それによって冷たいもので歯がしみやすくなる「知覚過敏」を起こしたり、ものが詰まりやすくなったり、歯が長く見えたりするようになります。
治療法
ブラッシング指導
治療効果を出やすくするためにも、ご家庭で効果的な磨き方ができるよう、ブラッシング指導を行います。
スリーウェイシリンジ
スケーリング
歯ブラシでは落とすことのできない表面についている歯石は、機械や器具でしっかりと落とします。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)
骨が破壊されて、歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)にも歯垢や歯石が溜まっているので、専用の器具で丁寧に取り除きます。
中等度歯周炎

歯周病がさらに進み、骨は半分程度破壊されています。
症状
歯周ポケットはさらに深くなり、口臭の悪化、膿の排出、歯のぐらつきなどが現れてきます。
治療法
ブラッシング指導
治療効果を出やすくするためにも、ご家庭で効果的な磨き方ができるよう、ブラッシング指導を行います。
生体情報モニター
スケーリング
歯ブラシでは落とすことのできない表面についている歯石は、機械や器具でしっかりと落とします。スケーリングを行うことで、歯茎が引き締まり、歯周ポケットの歯石が取りやすくなります。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)
骨がさらに破壊されて、歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)にも多くの歯垢や歯石が溜まっているので、専用の器具で丁寧に取り除きます。初期歯周炎の場合と比べ、一度にかかる時間、回数が多くかかります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。