健康、生活 › プラークが石のように硬くなった“歯石”を、超音波スケーラーや手用のスケーラーを用いて丁寧に取り除いていきます

2020年08月25日

プラークが石のように硬くなった“歯石”を、超音波スケーラーや手用のスケーラーを用いて丁寧に取り除いていきます

「歯医者さんは歯が悪くなったら通う場所」とお考えの方も多いでしょう。
しかし歯は一度失われると、髪の毛や爪のように再び元に戻るようなことはありません。むし歯を繰り返すたびに歯質は失われていき、やがてその歯は寿命を迎えてしまいます。つまり生涯にわたり自分の歯で食べ続けるためには、何より“むし歯にならないこと”“歯周病にならないこと”が一番の近道なのです。予防歯科は従来のような悪くなった歯を削る・抜く治療ではなく、歯を削らない歯・抜かないための取り組みをおこなう診療科です。ぜひ私たちと一緒に、自分の歯を1本でも多く残すための予防歯科をはじめていきましょう。
歯科用品
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
普段の歯磨きでは落としれない細かいすき間の汚れを、専用の機器を使って隅々までキレイに取り除いていきます。処置後は「お口の中がスッキリした!」「歯がツルツルして気持ちいい!」と多くの方に好評です。

歯石除去
プラークが石のように硬くなった“歯石”を、超音波スケーラーや手用のスケーラーを用いて丁寧に取り除いていきます。
歯石はそれ自体が歯に悪い影響を与えることはありませんが、ザラザラした表面には細菌が付着しやすく、新たなむし歯や歯周病、口臭の原因になってしまいます。また歯石は歯ブラシなどでは落とせないため、定期的なクリニックでの除去をお勧めしております。

エアフロー
エアフローは非常に細かいパウダーを歯面に吹きつけ、歯の表面のネバネバ(バイオフィルム)や茶渋、タバコのヤニ汚れなどを落としていく機器です。微細パウダーが歯と歯の間などの細かいすき間の着色汚れもキレイに洗い流し、その歯本来の色を取り戻していきます。
歯科 タービン 滅菌
フッ素塗布
フッ素には歯質を強くするほかに、歯の表面の修復作用(再石灰化作用)をうながしたり、むし歯菌が酸を産出するのを抑えたりする働きがあります。歯石除去、PMTCなどのクリーニングの後にフッ素塗布をおこなうと、その効果がより高められます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。