健康、生活 › ラミネートベニアは、歯の表面を薄いコンタクトレンズのようにカバーする方法です

2020年09月16日

ラミネートベニアは、歯の表面を薄いコンタクトレンズのようにカバーする方法です

歯を削ってかぶせ物をすると、どうしても削ったところから隙間が生じて、プラークがたまりそこから細菌感染を起こして虫歯や、歯周病の原因になります。いままで歯医者さんに通って虫歯治療をしても何度もそこが虫歯になるのはそのためです。また使用する金属(保険適用ではパラジウムという銀歯)の腐食による原因もあります。では如何にして、二次的な虫歯を防げばよいのか?削った歯とかぶせ物の隙間を如何にして防ぐかが治療した歯を長持ちさせるポイントです。。また、虫歯も必要最低限に削ることが可能です。
 超音波スケーラー
 クラウン
セラミックのみで作ったかぶせ物です。審美歯科の王様ともいわれ、透明感のある美しい仕上がりになります。神経のない歯。大きさがふぞろいの歯、歯の根っこの部分しか残っていないような場合にまで対応可能です。
【短所】 保険適用ができない
【通院回数】 平均して3~4回 約1ヶ月
【アフターケア】 定期的な検診やクリーニング
 
 インレー
「むし歯の治療によって詰めた銀歯が気になる」 「小さなむし歯は治したいが、笑ったときに目立つ銀歯は嫌」 という方にお勧めの治療法です。デジタルによる写真とコンピューターを使って歯の色を測定し、正確に色を再現していくので、大変キレイな仕上がりとなります。ご自分の歯との見分けがつかないくらいピッタリとマッチさせる事が可能です。
【通院回数】 平均して2~3回
【アフターケア】 定期的な検診やクリーニング
 生体情報モニタ
 ラミネートベニア
ラミネートベニアは、歯の表面を薄いコンタクトレンズのようにカバーする方法です。オールセラミックスで作製され、ホワイトニングでは白くならない歯を白くしたい、歯の形・大きさ・歯並びを変えたい、あるいは歯の隙間をなくしたい場合に有効な療法です。 デジタルによる写真とコンピューターを使って歯の色を測定し、正確に色を再現していくので、歯の色調は希望どおりに作製でき、大変キレイな仕上がりとなります。ほかの治療法と比べると歯の切削量が極めて少なく、歯の神経を抜かずにできる手法であるため、欧米では審美歯科の代名詞とも言われています。
【短所】 保険適用ができない
【通院回数】 平均して3~4回 約1ヶ月
【アフターケア】 定期的な検診やクリーニング



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。