健康、生活 › 歯周病とは進行しても痛みがないため、気づいた時にはもう手遅れということが多い病気です

2020年09月22日

歯周病とは進行しても痛みがないため、気づいた時にはもう手遅れということが多い病気です

歯周病とは進行しても痛みがないため、気づいた時にはもう手遅れということが多い病気です。また、歯を失うだけではなく、身体全体の健康を損なうこともあります。
早期治療、徹底管理が基本です。

実は歯周病が歯を失うナンバー1!!
一般の方が思われている歯が失われる原因ナンバー1は「虫歯」だと思います。しかし、実際はそうではありません。実は、ナンバー1は「歯周病」です。事実、30代の80%以上は歯槽膿漏(歯周病)を患っており、日本人が歯を失う原因としては、虫歯よりも歯槽膿漏(歯周病)で歯を失う方のほうが多いのです。歯槽膿漏(歯周病)は歯を支えている顎の骨が溶けてしまう怖い病気です。
歯科 ユニット
基本的には、一度、溶けてしまった骨は再生しません。さらに、歯槽膿漏(歯周病)は自分では気づきにくい、強烈な口臭の原因ともなります。また、歯周病は歯を失うだけでなく、様々な病気との関連性が多く報告されています。こうした状況を少しでも改善するために、歯槽膿漏(歯周病)に関する正しい知識を持っていただく必要があります。

早めの来院が重要です!!
歯槽膿漏(歯周病)の恐ろしいところは、サイレントキラー(静かな殺し屋)と呼ばれるガンや脳卒中と同様に、痛みが伴わないため、あなたが気付かないうちに病気が進行してしまい、気付いたときにはもう手遅れになってしまっているということです。
 
歯周病(歯槽膿漏)にかかった患者さんは、「グラつきだした歯を治したい」「以前と同じように物が噛めるようになりたい」という希望を持って、歯科医院に来院されます。しかし、多くの場合、「グラついた歯を抜きます」と診断されてしまいます。歯科医院で行われる抜歯のうち、約8割が歯周病(歯槽膿漏)によるものだという報告もあります。
 歯科顕微鏡
歯周病(歯槽膿漏)は末期になると、決定的な治療法や特効薬がありません。歯科医師としても、歯周病(歯槽膿漏)の初期段階での治療は自信がありますが、末期では延命がせいぜい、というのが本音です。しかし、早目の来院によって、その後の状況が大きく変わってきます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。