健康、生活 › 入れ歯はその形状によって、『部分入れ歯』と『総入れ歯』の2つのタイプに分類されます

2020年09月25日

入れ歯はその形状によって、『部分入れ歯』と『総入れ歯』の2つのタイプに分類されます

部分入れ歯
ご自身の歯が残っている場合に装着する入れ歯です。歯のない部分に床(しょう)を被せ、その上に歯のかわりとなる人工歯が並びます。さらにクラスプという金具を残っている歯にかけて、入れ歯を維持していきます。
歯科 通販
総入れ歯
ご自身の歯が1本も残っていない場合に装着する入れ歯です。顎全体を床(しょう)で覆い、その上に歯のかわりとなる人工歯が並びます。床と粘膜の吸着で入れ歯を維持していきます。

保険の入れ歯
床と人工歯にプラスチック、クラスプに金属を用いて作製します。保険が適用されるため費用が安く、また比較的短い期間で入れ歯が完成します。ただ保険のプラスチックは割れやすいため、強度をもたせるためにある程度の厚みが必要になります。そのため装着時の違和感が強く、舌のスペースが狭くなると会話にも支障がでる場合があります。またクラスプに金属が使用されるため、装着する部位によっては見た目が悪くなります。

ノンクラスプデンチャー
保険のプラスチックよりも柔らかい、特殊な樹脂でつくる入れ歯です。クラスプ部に金属を使用しないため、見た目に優れています。また柔らかい床が歯ぐきにぴったりとフィットし、違和感や咬みにくさなどが軽減されます。
マイクロスコープ 歯科
金属床
床の一部に金属を使用した入れ歯です。入れ歯の違和感がでやすい上あごや、舌に接する部分を薄い金属に置き換えることで、入れ歯による不快感を軽減できます。また金属は熱を伝えやすいため、食事の際に「冷たい」「温かい」といった温度変化が感じられるようになります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。