健康、生活 › 歯周病(歯槽膿漏)とは、お口の中の歯周病菌が増殖して毒素を出すことで、歯茎や歯を支えている骨が破壊されていく病気です

2020年10月15日

歯周病(歯槽膿漏)とは、お口の中の歯周病菌が増殖して毒素を出すことで、歯茎や歯を支えている骨が破壊されていく病気です

歯周病(歯槽膿漏)とは、お口の中の歯周病菌が増殖して毒素を出すことで、歯茎や歯を支えている骨が破壊されていく病気です。歯周病は歯茎の病気だと思っている方が多いのですが、歯茎だけの病気では決してありません。

放っておけばおくほど進行し、あごの骨がどんどん溶けてなくなってしまう骨の病気でもあるのです。歯茎が破壊され、あごの骨が溶けるということは、歯を支えるものがなくなってしまうということ。支えを失くした歯は、ポロリと抜け落ちてしまいます。
超音波スケーラー
歯周病はこんな風に進行していきます
歯肉炎
初期の歯周病です。歯茎が腫れ、歯茎が少しずつ破壊されている状態。この段階ならほとんど元通りに治すことができます。

軽い歯周炎
歯茎だけでなく、あごの骨が溶け始めた状態。この段階ならまだ歯を抜かずに済みます。

中程度の歯周炎
あごの骨がかなり溶けてなくなっている状態。痛みや歯が揺れるといった症状が出始めます。まだ歯を抜かずに済む可能性があります。

重症の歯周炎
あごの骨がなくなってしまい、歯が抜ける寸前の状態。再生療法を行えば、歯を抜かずに済む可能性もありますが、抜歯になるケースも多いのがこの状態です。
歯科用コンプレッサー
日本では、20歳以上の80%以上が歯周病にかかっていると言われ、歯周病を悪化させて歯を失う人が後を絶ちません。いつまでも自分の歯で、何でも不自由なく食べられる。そんな生活を送るためには、歯周病の予防やなるべく早い段階での治療が大切です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。