健康、生活 › セラミックスとレジン(プラスチック)を混合した歯科修復材です

2020年10月19日

セラミックスとレジン(プラスチック)を混合した歯科修復材です

ハイブリッドセラミックスクラウン
セラミックスとレジン(プラスチック)を混合した歯科修復材です。
セラミックスの硬さとレジンの軟らかさを併せ持っており、その弾性から自然の歯のような噛み心地を実感できます。
高額になりがちな審美歯科治療において比較的安価ですが、レジンの持つ欠点も持っています。
ハイブリッドセラミックスクラウンのメリット
審美歯科治療の中でも治療費が安価
保険診療よりも仕上がりがきれい
自然な噛み心地がある
金属アレルギーや歯肉の変色がない
ハイブリッドセラミックスクラウンのデメリット
保険適用でないため高額
長期的な歯のすり減りがある
長期的な歯の変色がある
オートクレーブ 歯科
メタルボンドクラウン
金属のフレームにセラミックスを焼き付けたクラウンです。丈夫で耐久性に優れるため、長期間きれいな白い歯を保てるだけでなく、ブリッジにも安心して利用できます。
金属アレルギー対策としてゴールド含有のバイオメタルフレームを使用することもできます。
メタルボンドクラウンのメリット
前歯から奥歯まであらゆる状態に対応可能
1本の歯から多数歯(ブリッジ)まで対応可能
強度と耐久性に優れ割れにくい
自然の歯に近い透明感・白さを再現できる
長期的な歯の変色がほとんどない
汚れや雑菌が付着しにくく衛生的
メタルボンドクラウンのデメリット
保険適用でないため高額
色調がオールセラミックスよりやや劣る
歯の裏側が金属(前歯)
歯肉の変色が起こることがある
金属アレルギーの心配がある
超音波スケーラー



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。