健康、生活 › 詰め物(インレー)とは、むし歯を削った後に歯に詰める物です。

2020年10月20日

詰め物(インレー)とは、むし歯を削った後に歯に詰める物です。

銀歯が気になる方
詰め物・被せ物による治療
詰め物(インレー)
詰め物(インレー)とは、むし歯を削った後に歯に詰める物です。
従来の詰め物(インレー)には、アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ってしまうなど、見た目が良いと言えるものではありませんでした。セラミックを使用することで、治療した場所が目立たず、健康的に見せることができます。また、強度が劣ってしまいますが、保険適用内のプラスチックでも白い詰め物(インレー)を作製することも可能です。
タービン 歯科
被せ物(クラウン)
被せ物(クラウン)とは、むし歯を削った後に歯全体を補う被せ物です。ブリッジとは、欠損した歯の両隣の歯を支えにして修復する治療法です。 むし歯の進行の度合いによっては被せ物やブリッジで治療を行います。セラミックを使用すると、金属やプラスチックでは得られない白く透明感のある天然歯のような輝きを取り戻すことができますが、こちらは自費診療となります。

ラミネートべニア
ベニアとは、歯を修復した部分に貼り合わせる薄い板です。歯の色がくすんでしまったり、怪我などで歯の一部を欠損してしまった場合などは、セラミックの薄い板を貼り合わせる治療でお悩みを解決します。天然歯のように健康的な色やツヤを再現できます。

ジルコニアセラミック
ジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれ、アクセサリーや包丁などにも使用される軽くて美しく、とても硬い素材です。
白い金属として生活に用いられるようになったジルコニアは、スペースシャトルの表面タイルや人工関節などに使用され、生体親和性が非常に高く、丈夫で安全なセラミックです。このジルコニアを金属の代わりに使用し、より審美性の高いセラミックを何重にも重ねて仕上げているのが当院のジルコニアセラミックです。
歯科 通販
特徴は…
硬くて丈夫な人工歯のため、噛み合わせの強い奥歯やブリッジにも使用が可能。
透明感があり、変色もほとんどない。
金属と比べて軽く、金属アレルギーの心配がない。
などが挙げられます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。