健康、生活 › 歯周病の治療が終了し、歯周組織が健康な状態に改善されていれば、最良であることは言うまでもありません

2020年10月21日

歯周病の治療が終了し、歯周組織が健康な状態に改善されていれば、最良であることは言うまでもありません

歯周病の治療が終了し、歯周組織が健康な状態に改善されていれば、最良であることは言うまでもありません。
しかしながら、歯周病の原因であるプラークを完全に除去することは不可能であり、治療をすべて停止してしまうと、一度健康を取り戻した歯周組織にもプラークの再付着が起こり、歯周病が再発してしまう可能性があります。

とくに、中等度以上の歯周炎を起こしていた患者さんでは、処置後、歯根面の露出や補綴物(被せもの、詰めもの、入れ歯など)によってプラークコントロールが難しくなっていることが多く、露出した根面が虫歯になることもよくあります。
歯科ハンドピース滅菌
そこで、定期的に口腔内の診査やプラークコントロールのチェックを受け、再発を防ぐことが必要です。仮に再発しても早期発見、早期治療によって、進行を最小限にとどめることができるのです。

歯周病は100年前には不治の病と思われていましたが、その後の研究からプラーク中に潜む細菌が原因で生じる疾患であることが明らかになりました。

このようにプラークが原因の疾患ですから、毎日の歯垢除去(プラークコントロール)が最も有効な予防法になります。
オートクレーブ
皆様も毎日歯を磨いていると思いますが、それでも歯周病が進行していると言われたことのある方も多いのではないでしょうか。それは「歯をみがいているけれど、十分には磨けていない」ことが多いからです。正しいブラッシング方法で歯ブラシを使い、加えて歯間ブラシやデンタルフロスを活用することで十分に予防できる病気です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。