健康、生活 › ずっと自分の歯を使っていけるよう歯の健康を維持する為には、むし歯や歯周病にならないよう予防することが大切です

2020年10月27日

ずっと自分の歯を使っていけるよう歯の健康を維持する為には、むし歯や歯周病にならないよう予防することが大切です

予防歯科とは?
ずっと自分の歯を使っていけるよう歯の健康を維持する為には、むし歯や歯周病にならないよう予防することが大切です。むし歯治療ではむし歯になっている部分を削りますが、1度削ってしまったものは元には戻りません。治療を繰り返していくと将来的には歯が小さくなり、抜歯のリスクも高まります。一方、歯周病はお口の中の歯周病菌によって発病しますので、正しい歯磨きと歯科医による定期的なケアが有効です。

歯周病菌は動脈硬化や糖尿病などの全身疾患との関連性もあるとされていますので、あなどれません。むし歯や歯周病は治療が終わったらそれでおしまいではありません。さらなるむし歯や歯周病をつくらないため、予防歯科が大切です。症状が起こってから歯科医院に行くのではなく、定期的に歯科医院で健診を受けることで、大切な歯を守ることが最も効果的な歯の健康法と言えます。
光照射器
定期健診の重要性とは?
自宅でのデンタルケアのみだとどうしても歯の磨き残しが出てしまい、歯垢(プラーク)や歯石が発生し、むし歯や歯周病を引き起こします。当院で定期的に歯科医院での専門的なデンタルケアを行いませんか?

定期健診をしていれば、むし歯が見つかっても早い段階で治療でき、歯の負担が少なくて済みます。むし歯や歯周病は痛くなったときにはかなり進行していることが多い為、痛くなる前に未然に防ぐことが大切です。そのためには定期健診が必要なのです。
歯科技工用エンジン
健診では歯の状態のチェックや歯磨きの指導を行うとともに、「フッ素塗布」、「PMTC」(Professional Mechanical Toothよる歯のクリーニングのこと)などの専門的なデンタルケアを行っています。1人1人の状況に合わせて、年に1~2回(※お子様の場合は4ヶ月に1回程度)をお勧めしています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。