健康、生活 › 入れ歯の内面(床)を金属で仕上げた入れ歯です

2020年10月29日

入れ歯の内面(床)を金属で仕上げた入れ歯です

金属床義歯
入れ歯の内面(床)を金属で仕上げた入れ歯です。
たわみがなくきちんと物を噛める上に、温かさや冷たさなど温度が伝わりやすくなるという利点があり、食事をより楽しみやすくなるでしょう。また、入れ歯の内面が薄い点も特徴です。お口に入れたときの違和感が抑えられたり、発音がしやすかったりなど、使いやすさの面で多くのメリットが。歯を支える骨が減少してしまう「骨吸収」を防ぐという利点もあります。ノンクラスプデンチャーとの併用が可能です。
歯科 タービン 滅菌
チタン床義歯
入れ歯の内面(床)をチタンで仕上げた入れ歯。金属床ではあるものの、軽いという特徴があります。たわみがなくしっかりと物を噛め、温かさや冷たさなどといった温度が伝わりやすく、おいしく食事を楽しめます。金属床義歯と同様に、歯を支える骨の減少を抑えられたり、お口の中での違和感を少なくしたり、発音しやすくなったり…といった利点も。こちらもノンクラスプデンチャーとの併用が可能です。チタンは、手術などの際に体の中に埋め込んでも問題がない金属。人の体にやさしく、金属アレルギーの心配もほとんどありません。

ノンクラスプデンチャー
入れ歯だと気づかれにくい、見た目重視の美しい入れ歯です。
他の入れ歯に比べると強度がわずかに劣るため、可能であれば入れ歯の内側を金属で仕上げる「金属床義歯」との併用が望ましいでしょう。
スケーラー 歯科
マグネットデンチャー
磁石の力を利用して安定させる入れ歯。取り外しがしやすい上に、入れ歯だと周囲に気づかれにくいという利点があります。歯の根が丈夫であれば、きちんと物を噛めます。また、噛んだときの感触が天然の歯と変わりません。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。