健康、生活 › 歯周病とは、歯茎や歯槽骨(顎の骨)など、歯を支える歯周組織が炎症によって破壊されていく病気です

2020年11月20日

歯周病とは、歯茎や歯槽骨(顎の骨)など、歯を支える歯周組織が炎症によって破壊されていく病気です

虫歯に比べるとあまり知られていませんが、私たちが歯を失う原因としてもっとも多いのは歯周病であり、日本人の30歳以上の約8割が歯周病にかかっているというデータもあります。歯周病が進行すると、歯を支える顎の骨が溶かされていきます。そのまま放置していると、やがて歯を支えきれなくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は痛みなどの自覚症状が出にくいため、重症化してから気付く人も少なくありません。歯科を受診したときにはすでに手遅れで、歯を残す手立てがないというケースもあるため、少しでも異変を感じたら歯科医院に足を運ぶことが大切です。
小型高圧蒸気滅菌器
歯周病は、細菌(歯周病原菌)の感染によって起きる病気です。歯と歯茎の隙間である「歯周ポケット」にプラーク(歯垢)が溜まると、プラーク内に潜む歯周病原菌が歯周組織に炎症を起こします。私たちの体は、細菌などの異物が侵入してくると、その異物を排除しようと反応します(炎症反応)。プラーク内の細菌が歯茎に接触すると、その細菌を排除するための炎症反応が起こります。これが、歯周病のはじまり(歯肉炎)です。歯肉炎の段階であれば、適切なクリーニングと管理によって炎症は治まりますが、口腔内が不衛生な状態のままだと細菌はより深部へと侵入して炎症を広げ、歯周炎(歯周病)へと進行していきます。

歯肉炎
歯肉炎は、歯周病になる手前の状態です。歯茎が赤く腫れあがり、歯を磨いたり硬いものを食べたりすると血が出ることがあります。歯肉炎の段階であれば、丁寧な歯磨きや歯科医院での処置によって健康な状態に戻すことができます。

歯周炎
歯周炎(歯周病)になると歯周ポケットが深くなり、そこから血や膿みが出るほか、口臭が強くなります。炎症が慢性化し、歯根膜や顎の骨が溶かされていきます。進行とともに噛むと痛みを伴うようになり、歯がグラついてきます。
マイクロモーター
歯が抜ける
歯周炎(歯周病)が重症化すると歯を支えている顎の骨が大きく溶かされます。そうなると、歯根が露出して歯のグラつきもひどくなり、放置していると最終的には歯が抜け落ちてしまいます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。