健康、生活

2018年01月12日

きちんと入れ歯などによって噛む機能を回復することが必要で

歯を失ってしまうと、見た目が気になるのはもちろん、「食べものがしっかり噛めない」「発音がうまくできない」といったさまざまな不具合が起こってきます。そのため歯を失ったら、きちんと入れ歯などによって噛む機能を回復することが必要です。

美味しく食事を楽しんで頂くために、楽しくおしゃべりして頂くために、「生活の質」を
入れ歯で向上させていきましょう。ご希望、ご予算に合わせて色々な種類の入れ歯をご用意しております。本当に毎日使う体の一部の入れ歯が安い事が一番大切でしょうか?
入れ歯の種類や特徴や利点を実物の見本や違いが分かるように体感できる道具も用意してございます。まずはお気軽にご相談下さい。
オートクレーブ 価格
【レジン床義歯】 
ピンク色のプラスチック(樹脂)で作られている、比較的ポピュラーなタイプの義歯。強度を得るため厚みがあり、クラスプ(歯に留まる部分)が金属性で、入れ慣れるまでの違和感はかなり大きい。

【金属床義歯】 
上アゴに被さる部分や下アゴの舌の触る部分が金属で作られている。 樹脂に比べ強度があるため、より薄く、またより熱の伝わりが良いため、レジン床に比べてかなり違和感は小さく、味覚も感じやすくなる。

【ノンクラスプデンチャー】 
義歯の歯以外の部分が、特殊な透明色の樹脂で作られており、歯に留まる装置も透明色なため、義歯を装着していても判別しにくい審美性を高めたタイプの義歯。 型どりや、義歯製作を特殊な方法で行い、精度の高い義歯ができあがるため、フィット感にすぐれている。
超音波スケーラー
【磁石方式】
残っている歯根に「磁性金属」を、入れ歯側に「超小型磁石」を取り付け、磁力でぴったりとフィットさせます。見た目も違和感はありません。また、取り外しも簡単なので、クリーニングも容易です。ただし、歯根が残っていない場合はこの方式は採用できません。  


Posted by koikenina at 15:16Comments(0)

2018年01月11日

歯周病に感染した歯肉の治りが悪くなり、歯周病が進行しやすくなってしまいます。

具体的には歯茎が炎症を起こして腫れてしまったり、出血することを歯肉炎、それがさらに悪化し、歯を支える骨が溶けた状態になると歯周炎といいます。支える歯が溶けてしまうと歯はぐらぐらしだして、根の先まで溶け切ってしまうと歯は自然に抜けてしまいます。歯周病は初期段階では自覚症状が少ないため、気づくと手遅れだと言う場合が多々あります。

歯周病の主な原因としましては、歯周病を引き起こす細菌で、これらが歯茎や骨に感染を起こしていくことにより発症する感染症です。また歯周病菌は常にお口の中に存在する細菌で、常に歯周病を引き起こそうとしています。しかし人間は免疫力を持っているため、その免疫力で歯周病が引き起こされるのを抑えているのですが、その免疫力が歯周病に負けてしまった時に歯周病は進行してしまうのです。また、免疫力が弱まり発症するのではなく、歯周病菌が増殖し、免疫力よりも勢力が拡大し、発症してしまうのがほとんどです。
家庭用超音波スケーラー
では、どうして歯周病菌が拡大してしまうのでしょうか?歯周病菌は人間が食事をした際に歯につく食べかす、いわゆる歯垢が大好きです。歯垢は細菌の餌になり、食べた細菌はどんどん増殖していきます。また、歯垢を食べた細菌は、同時に歯周病を引き起こしてしまう毒素を出し、この毒素が歯茎まで感染すると歯茎が出血したり、腫れたりしてしまいます。そのほかにも歯周病を増悪させることとして喫煙があげられます。喫煙によって歯茎の中の血管が収縮してしまい、歯周病に感染した歯肉の治りが悪くなり、歯周病が進行しやすくなってしまいます。

予防法
歯周病は一度悪化してしまうと、健康な状態に回復させるのは難しいものです。だからこそ、日ごろから意識を高め、歯周病にならないよう予防することが重要です。歯周病にならないための予防法として、皆様の日常生活にぜひ取り入れていただきたいことをご紹介します。

ブラッシング
ブラッシングは歯周病予防の基本です。デンタルフロスや歯間ブラシを併用すれば、磨き残しを減らせます。

定期検診
歯周病は3ヶ月で細菌が元に戻るという報告がたくさんあります。予防のためにご自身できれいに磨いていても、ご自宅でのケアのほかに専門医のいる歯科医院での定期検診も欠かせません。歯周病治療の後、自覚症状がない場合でも3~6カ月ごとに定期検診を行い、メンテナンスを続けることが大切です。
生体情報モニター
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
歯科医師や歯科衛生士が専用器具を使い、歯ブラシが届きにくい箇所にたまった歯垢など磨き残しだけでなく、口腔内を徹底的にクリーニングし、汚れてきた口腔内をリセットします。  


Posted by koikenina at 16:24Comments(0)

2018年01月11日

歯周病菌が増殖し、免疫力よりも勢力が拡大し、発症してしまうのがほとんどです

歯周病の主な原因としましては、歯周病を引き起こす細菌で、これらが歯茎や骨に感染を起こしていくことにより発症する感染症です。また歯周病菌は常にお口の中に存在する細菌で、常に歯周病を引き起こそうとしています。しかし人間は免疫力を持っているため、その免疫力で歯周病が引き起こされるのを抑えているのですが、その免疫力が歯周病に負けてしまった時に歯周病は進行してしまうのです。また、免疫力が弱まり発症するのではなく、歯周病菌が増殖し、免疫力よりも勢力が拡大し、発症してしまうのがほとんどです。
では、どうして歯周病菌が拡大してしまうのでしょうか?歯周病菌は人間が食事をした際に歯につく食べかす、いわゆる歯垢が大好きです。歯垢は細菌の餌になり、食べた細菌はどんどん増殖していきます。また、歯垢を食べた細菌は、同時に歯周病を引き起こしてしまう毒素を出し、この毒素が歯茎まで感染すると歯茎が出血したり、腫れたりしてしまいます。そのほかにも歯周病を増悪させることとして喫煙があげられます。喫煙によって歯茎の中の血管が収縮してしまい、歯周病に感染した歯肉の治りが悪くなり、歯周病が進行しやすくなってしまいます。
エアスケーラー
歯周病の症状
歯周病の初期
 症状
歯茎に歯ブラシを充てると出血する。
歯磨きを1回でも忘れると、歯がうずく、腫れぼったさを感じる。無症状なので気づきにくい。

 状態
歯の周囲の歯茎に隠れてしまう場所に歯石などが付着。
歯石を取り、歯磨きをしっかり行えば改善する。
ハンドスケーラー
歯周病の中期
 症状
水がしみる。歯磨きで歯茎から出血する。歯茎を押すと膿が出る。歯茎から臭いがする。

 状態
初期よりも歯の周囲の深い内部に歯石などが付着。ぐらつきはないものの周囲の骨は溶けはじめている。歯磨きだけでは汚れが落ちにくくなり進行を止めにくい。

歯周病の末期
 症状
歯が噛み合わせの度にぐらつき、歯肉を指で押さえると白い膿がでてくる。 痛みは感じないこともあるが、歯磨きをすると毎回出血する。

 状態
歯の根の先の奥深い部分まで、歯石が付着し、歯茎が歯を固定せず剥がれ、歯を支える骨も溶けている。  


Posted by koikenina at 15:17Comments(0)

2018年01月10日

一度PMTCを行えば、再びバイオフィルムができるまでに2~4ヶ月かかります

磨き残しの口内の細菌はバイオフィルムの中で繁殖し、悪影響を与えています.「歯が痛くないのに歯医者に行くの?」と思うかもしれませんが、歯医者はむし歯を治療するのみではありません!予防歯科とは、虫歯や歯周病など、お口のトラブルが発生する前に原因を作らないよう、歯のメインテナンス(定期健診)に通院してもらうシステムです。日常のお手入れとメインテナンスを受けていただくことが、一番のむし歯予防になり、健康な歯を維持していく事に繋がるのです。

虫歯や歯周病から歯を守る
しっかり歯磨きをしているのにどうして虫歯や歯周病になるんだろう・・・・・と疑問に感じたことはないでしょうか?毎日の歯磨きで念入りにブラシで磨いていても、歯の細かい溝、歯と歯のあいだ、歯と歯茎の境目などに磨き残してしまうことが多く、原因はその磨き残しです。
歯科顕微鏡
磨き残しの口内の細菌はバイオフィルムの中で繁殖し、悪影響を与えています。その細菌のバイオフィルムを壊すことを目的とした治療がPMTCです。バイオフィルムを壊すことで、細菌の数を一時的に激減させると共に、細菌が歯の表面に再付着しにくくなるため、虫歯や歯周病の予防につながります。

一度PMTCを行えば、再びバイオフィルムができるまでに2~4ヶ月かかります。定期的にPMTCを行うことで、虫歯や歯周病を十分に予防することができるでしょう。着色は下には汚れが定着しやすい膜があり、歯石および歯垢(プラーク)が付着しやすい状態です。歯石、歯垢(プラーク)をクリーニングするのと同時に、着色も除去することをお薦めします。虫歯や歯周病から歯を守るために、毎日の歯磨きと定期的なPMTC治療をお勧めいたします。
家庭用超音波スケーラー
プロの歯科衛生士による器械を使った歯の清掃です。歯科医院で専用の器材を使い、本来の白い健康な歯の維持をするために通常では困難である部位も含め清掃・研磨する方法です。ご自分では磨くことのできない歯と歯の間・歯と歯ぐきの境い目・ブリッジの底の清掃、汚れた歯面や茶渋・タバコのヤニなどの強固な着色の除去をして、虫歯と歯周病の予防にも多大な効果を発揮します。

お口の中の状況により、1ヶ月に1度、3ヶ月に1度などとPMTCを行うと、むし歯や歯ぐきの炎症によるアゴの骨の吸収(低下)を防ぐ効果が大きく、また口臭の予防にもなります。  


Posted by koikenina at 16:46Comments(0)

2018年01月10日

ここで、歯を失ってしまう原因の9割以上が、虫歯と歯周病であることを知っておいてください

虫歯も歯周病も初期には自覚症状の無いことが多いので、歯に穴が開いた、痛い、グラグラするなどの自覚症状に気付いてからご来院なさった場合は、かなり進行した状態であることが多く、したがって歯を残すことも難しくなります。定期的なメンテナンスを含めた予防を行って健康な歯を維持し、疾患の進行を抑えることが、とても重要です。そして、今後の歯科治療は、虫歯や歯周病などを治療するだけでなく、いかにお口の中の健康な状態を長く維持するかが非常に重要なことと考えられています。それが「予防歯科」という考え方なのです。歯は一生の大切な財産ですから、患者様の歯を1本でも2本でも多く残すようにご支援いたします。

「歯科医院は、歯が痛くなってから行くところ」とお考えの方も、まだ少なくないのではないでしょうか?もちろん歯の痛み、症状があるところを治療することは大切ですが、虫歯や歯周病が進行してしまってから治療を受けると、どうしても時間や費用が多くかかります。悪くなる前に予防出来れば、余計な時間や費用をかけずに済みます。
エアスケーラー
そして、お口の中を健康な状態に保つには、定期的なメンテナンスがとても大切です。「しっかり歯磨きをしているから大丈夫」と考える方が少なくないようですが、歯磨きだけでは取り切れない汚れがあり、汚れが溜まると、歯垢や歯石が付着し始め、虫歯や歯周病のきっかけになってしまいます。そのため、定期的なメンテナンスを含めた予防を行うことが、とにかく大切なのです。

虫歯や歯周病から歯を守る
しっかり歯磨きをしているのにどうして虫歯や歯周病になるんだろう・・・・・と疑問に感じたことはないでしょうか?毎日の歯磨きで念入りにブラシで磨いていても、歯の細かい溝、歯と歯のあいだ、歯と歯茎の境目などに磨き残してしまうことが多く、原因はその磨き残しです。磨き残しの口内の細菌はバイオフィルムの中で繁殖し、悪影響を与えています。その細菌のバイオフィルムを壊すことを目的とした治療がPMTCです。
抜歯鉗子
バイオフィルムを壊すことで、細菌の数を一時的に激減させると共に、細菌が歯の表面に再付着しにくくなるため、虫歯や歯周病の予防につながります。一度PMTCを行えば、再びバイオフィルムができるまでに2~4ヶ月かかります。定期的にPMTCを行うことで、虫歯や歯周病を十分に予防することができるでしょう。着色は下には汚れが定着しやすい膜があり、歯石および歯垢(プラーク)が付着しやすい状態です。歯石、歯垢(プラーク)をクリーニングするのと同時に、着色も除去することをお薦めします。虫歯や歯周病から歯を守るために、毎日の歯磨きと定期的なPMTC治療をお勧めいたします。  


Posted by koikenina at 15:19Comments(0)

2018年01月09日

歯の表面を全体的に薄く削り、セラミック製のクラウン(冠)を被せる治療です

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります

審美歯科治療は、一見歯の見た目を美しくするだけの治療と思われがちですが、実はそうではありません。かみ合わせなど機能面のことも考えて治療を行っていきます。なぜならかみ合わせなどの機能が整っていないと、なかなか美しい歯並びにはなりませんし、歯本来の機能を犠牲にしてまで見た目だけを整えるような治療をしても、本末転倒です。
超音波スケーラー 家庭用
「美しい口元を手に入れて明るい気持ちで過ごしたい」そんな患者様のご希望に沿えるよう、お一人おひとりとしっかりお話をさせてただいたうえで、美しく機能的なお口元になるようにご提案させていただきます。審美歯科を通して、患者様が明るい気持ちで健康に過ごせるお手伝いができれば幸いです。

セラミック製のクラウン
歯の表面を全体的に薄く削り、セラミック製のクラウン(冠)を被せる治療です。天然歯と見分けがつかないほど自然な歯に仕上がり、歯の隙間などをなくすこともできます。また、周りの歯に合わせて色を調節することも可能です。
エアスケーラー
セラミックインレー
虫歯の治療で使用するインレー(詰め物)には、金属製の銀歯が用いられることが一般的です。ただし、目立ちやすいため審美性は低くなってしまいます。セラミックインレーは詰め物をセラミックにすることで、天然歯同様の見た目と強度を実現した治療です。

ホワイトニング
白く美しい歯は、その人の印象を大きく左右する重要なポイント。しかし、歯は加齢や普段の生活の中で少しずつ白さを失っていってしまいます。例えばタバコのヤニや茶渋など、身の回りには歯に着色してしまうものがあふれているのです。ホワイトニングは歯を削ることなく、歯を白く美しくするための治療です。歯の外側を白くするのではなく、薬剤によって内側から白く変えるため、透明感のある美しい白さを手に入れることができます。このホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」とご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。  


Posted by koikenina at 16:06Comments(0)

2018年01月09日

歯周病は痛みがなく、気がつかない間に進行している病気です。

歯と歯ぐきの間にたまった歯垢(プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える骨が無くなっていき、最後には歯がなくなってしまいます。35歳を過ぎると80%以上の方が歯周病にかかっています。(厚生労働省調べ)

歯周病の怖いところは初期段階は痛みがないため自分が歯周病になっていることに気付かないということです。固い物が噛みにくい、口臭がする、歯と歯の間に物が挟まるようになったなど、自覚症状が出てきた時には思っている以上に症状が進行していることです。
光照射器
歯周病の症状「歯肉炎~軽度歯周炎」
歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)という細菌のかたまりがたまり、歯肉に炎症が起きた状態。骨は溶けていませんが歯茎から出血することがあります。歯と歯肉の溝は病的に深くなりポケットと呼ばれるようになります。度歯周炎になると歯肉だけでなく歯槽骨にも炎症が進み、歯根の1/3まで溶けた状態です。歯周ポケットは4mm程度でほとんど痛いみはありません。

歯周病の症状「中等度歯周炎」
歯根の2/3以上骨が溶けた状態でポケットは7mm以上になります。歯を指で動かすと大きく揺れたり、食べ物を噛むのが難しくなったり、場合によって歯が抜け落ちてしまいます。他にも歯茎から膿が出ることもあります。

歯周病の症状「重度歯周炎」
歯槽骨が1/2程度溶ける状態です。ポケットは5~7mm程度で歯がグラグラしたり、腫れや痛みを感じるようになります。
高圧蒸気滅菌器
PMTC
(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の頭文字で、歯科医院で専門的に行う、お口のケアプログラムのことです。細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成し、いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きだけでは除去出来ません。ふだんの歯磨きでは取りきれない歯の着色・汚れを落とし、本来の白く輝く色を取り戻します。出来てしまったバイオフィルムの除去にも繋がります。それにより口臭や虫歯、歯周病の予防にも効果があります。

手動スケーラー
名前にもあるように、スケーラーにて手動で丁寧に除去していきます。超音波スケーラーの効果は抜群ですが、歯茎の奥や歯並びの複雑な部分では、取りきれない場合があります。
そこで、その部分は、経験を積んだ歯科衛生士の手でじっくりと除去していきます。  


Posted by koikenina at 15:02Comments(0)

2018年01月08日

歯周病にかかっても放置している人が多いといわれています

歯周病は歯と歯ぐきのすき間にある「歯周ポケット」から進行する細菌感染症です。歯や歯ぐきの見た目の変化や痛みなどの自覚症状がほとんどないため、知らないうちに少しずつ進行していきます。気づいたときには歯がグラグラするようになり、適切な処置をしなければ歯を失ってしまいます。
厚生労働省の調査によると、30歳以上の8割の人が歯周病またはその予備軍といわれており、日本人が歯を失う原因の第一位でもあります。痛みなどの自覚症状がほとんどないため、歯周病にかかっても放置している人が多いといわれています。

歯周病にならないために予防を心がけましょう
歯周病は虫歯と同じく、「治療よりも予防」が大切な病気です。歯周病予防のためにもっとも有効な方法は、歯周病菌の温床であるプラーク(歯垢)を徹底的に除去すること、すなわち「プラークコントロール」です。プラークコントロールの基本は毎日のブラッシング。毛先が小さめの歯ブラシを選び、1本ずつ丁寧に磨きましょう。歯の形や大きさ、歯並びなどの個人差によって適した磨き方がありますので、歯科医院でのブラッシング指導を受けることをおすすめします。さらに歯間ブラシやデンタルフロスなども活用するとよいでしょう。
エアースケーラー
PMTC
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、プロの手による、専用の機器を使った歯のクリーニングです。歯にこびりついた汚れやプラークを、歯科医師や歯科衛生士が専門の機器や技術を用いて徹底的に除去します。口臭対策や着色汚れの除去にもつながるほか、汚れの再付着を防いでくれます。

歯石除去(SRP)
歯石とは、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が石灰化したものです。磨き切れなかった歯にプラーク(歯垢)が残ってしまうと、2~3日で歯石に変化すると言われており、歯の表面にこびり付いた歯石は歯ブラシでは除去できません。 はじめに歯周ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行っております。歯石除去は歯周病に対する基本的な治療で、大きく分けてスケーリングとルートプレーニングという2つの方法があります。
マイクロスコープ 歯科
スケーリング
専用の器具を使って歯石やプラーク(歯垢)を除去する作業をスケーリングといいます。このスケーリングにはスケーラという専用の器具を使います。

ルートプレーニング
ルートプレーニングとはスケーリング終了後に、歯根表面の汚染・軟化されたセメント質や象牙質を除去し、歯根面を硬くなめらかに仕上げることをいいます。歯根面がなめらかではなく、でこぼこしていると、プラーク(歯垢)が付着しやすくなり、それが後々歯周病の重大な原因となります。  


Posted by koikenina at 16:29Comments(0)

2018年01月08日

かつて歯科医院の役割といえば、「虫歯や歯周病の治療をすること」でした

しかし近年では、それに「予防」が加わってきています。なぜなら本当の意味で歯を守るなら、治療をくり返して歯を削り続けていくよりも、予防によって治療をなくすことのほうが有意義だということが理解されてきたためです。予防には、毎日の歯みがきだけでなく、歯科医院での専門的なメンテナンスが欠かせません。

歯周病を防ぐ効果のある食べ物を摂取し、歯周病を悪化させる恐れのある食べ物を避けたとしても、歯周病が完全に防げる訳ではありません。生活習慣の乱れこそが、口の中の状態を乱れさせる原因となってしまうのです。食後に歯磨きを怠るのはもちろんNGですが、3食のリズムがきちんと整っていなかったり、一日中だらだらと何かを間食していたりすると歯周病のリスクが大幅にアップしてしまいます。
家庭用超音波スケーラー
だらしない生活習慣こそが歯周病を呼び寄せてしまうのです。またタバコの喫煙も歯周病のリスクを高めると言われています。タバコを吸う人が歯周病を発症すると、吸わない人と比べて治りにくいというデメリットもあるのです。タバコをどうしてもやめられない方は、吸わない人以上に食生活に注意し、しっかりと歯磨きを行いましょう。

口腔内の検査
特に気になる自覚症状がなくても「歯周病ではない」と判断することはできません。歯周病という病気は、腫れる、出血する、歯のぐらつきなどのはっきりとした症状が出たときには取り返しがつかないところまで進行していることがあります。症状が進行すればするほど治療が難しく、長期間の治療が必要になり、最悪の場合は歯を抜かなければなりません。
生体情報モニター
ブラッシング指導
ブラッシングは歯周病予防に効果的な予防法ですが、毎日きれいに磨いていると思っていても正しいブラッシングをしていなかったら歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を確実に落とすことはできません。 幼少の頃に教えられた歯ブラシの使用方法は、大人になるにしたがって、自己流になり、時には誤った方法で毎日のブラッシングを行っていることもあります。  


Posted by koikenina at 15:36Comments(0)

2018年01月05日

お口の健康のために一番いいのは、虫歯や歯周病にかからないように予防することです

また、虫歯や歯周病になってしまった場合は再発しやすいため、治療後はメインテナンスによって再発を予防することが重要です。ご自分の歯をできるだけ長く使い続け、一生を豊かに過ごすためにも、予防歯科に定期的に通い、お口の健康を守っていきましょう。
口腔内カメラ
予防歯科とは、虫歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアの両方が大切です。セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことができません。歯科医院で、定期的にPMTCや口腔内診査などの検診を受け、虫歯や歯周病にならない健康な歯を維持していきましょう。

「PMTC」とはPTC「Professional Tooth Cleaning」の1つの治療法で、プロによる専門的な器械を用いた歯のクリーニングのことです。そもそもPTCは北欧で開発された歯周病予防のための治療で、歯の表面に付着した細菌業(バイオフィルム)及びプラーク、歯石の徹底除去、 歯肉のマッサージを行い歯と歯ぐきの健康回復させる予防療法です。つまりPMTCは、器械を用いたPTCと言えるでしょう。
エアータービン
PMTCの効果
歯周病予防になる
PMTCはバイオフィルムやプラークをキレイに除去できるため、歯周病予防にぴったりです。定期的に歯科医院に通い、PMTCを受けましょう。

歯に汚れがつきにくくなる
歯の表面に付着した汚れを取り除き、歯の表面がつるつるピカピカに!また軽度の着色も除去し。ツルツルピカピカの歯になります。

歯質が強化される
PMTCでフッ素入りペーストを使用するので、フッ素の力により歯質が強化されます。また、歯を再石灰化させる予防療法です。  


Posted by koikenina at 17:35Comments(0)