健康、生活

2018年07月17日

予防歯科とは、虫歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です

そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアの両方が大切です。セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことができません。歯科医院で、定期的にPMTCや口腔内診査などの検診を受け、虫歯や歯周病にならない健康な歯を維持していきましょう。

軽度
歯ぐきに炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。
ポータブルレントゲン
中等度
炎症が深まり、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度
顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯ぐきからは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯の表面に絶えることなく形成される細菌性の膜をプラーク(歯垢)と呼びます。このプラーク(歯垢)が歯周病の原因です。プラーク(歯垢)は歯の表面ででき、プラークからの毒素が歯ぐきにしみ込んでいきます。こうして歯の磨き残し等で歯茎のまわりに残った大量のプラークが炎症を引き起こすのです。
歯科技工用マイクロモーター 
最初は軟らかい状態ですが、そのまま放置したまま取り除かないと、石灰化して硬くなっていき、歯石がつくられます。歯石にはプラークが付きやすく、新しく軟らかいプラークがざらざらした歯石の上に急速に形成され、これが炎症を引き起こし進行していきます。

治療が終わった後に継続して、良い状態を維持することを言います。そのためには、歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行います。最低でも半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、1~3ヶ月のサイクルで来院し安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。  


Posted by koikenina at 12:09Comments(0)

2018年07月16日

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます

近年、日本においても予防を重視した歯科医療は広まりつつあり、歯科医院の役割は、治療から予防へと徐々に変化しています。

生涯にわたって健康な歯を維持していただくために早期発見・早期治療を心掛けることはもちろん、いかに日々の生活の中でしっかりケアし、定期的に予防することができるかが重要になってきます。そして、口腔内の細菌とさまざまな全身の病気の関連も明らかになってきています。口腔内を健康に保つことは、全身の健康を保つことにも深くつながっています。
歯科バー
PMTC
PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的なお口の掃除」という意味になります。歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、自分ではケアしにくいところや、歯面に付着したバイオフィルム、タバコのヤニなどを徹底的に掃除し、歯面をきれいにします。

歯周病治療の流れ
1.ブラッシング指導
現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。 ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

2.スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。
ダイヤモンドバー
外科治療
きちんとしたプラークコントロールやスケーリング・ルートプレーニングを行っても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる治療が行われます。  


Posted by koikenina at 15:32Comments(0)

2018年07月16日

歯の表面に着いた汚れ、歯石、歯垢、茶渋を専用の器具で隅々まで除去します

虫歯は歯そのものが破壊される病気ですが、歯周病は歯を支えるまわりの組織(歯周組織)に起こる病気です。 

周組織は歯肉(歯茎)と歯槽骨(歯を支える骨組織)、歯根をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯をしっかりと付着、固定するための強固な構造を備えています。しかし、歯磨きが不十分であると歯と歯肉(歯茎)の間に歯垢(プラーク)が付着して、歯周病の初期症状である、歯肉炎(歯茎が炎症を起こして腫れている状態)を引き起こします。
ハンドピース 歯科
軽度の歯肉炎では自覚症状も乏しく、痛みもほとんどありませんが、放置すると、歯垢(プラーク)が石灰化して歯石になり、歯に付着すると、歯ブラシ等では取り除きにくくなります。 
この歯石が歯周病を悪化させる原因で、さらに炎症が歯肉(歯茎)の内部に進行すると、歯根膜や歯槽骨を破壊されて歯を支える組織が喪失し、重篤な歯周病では歯が抜けて喪失してしまいます。 
「歯周病を予防する」また「進行を抑制する」には、お家での毎日のブラッシングと歯科医院での専門のメインテナンスが必要です。

歯石、歯垢、茶渋の除去
歯の表面に着いた汚れ、歯石、歯垢、茶渋を専用の器具で隅々まで除去します。歯石や日常の歯みがきでは取りきれなかった歯垢を除去することにより、虫歯や歯周病を予防します。
ポータブルレントゲン
頑固な汚れは歯面清掃器で除去
頑固な汚れは、重炭酸ナトリウムのパウダーと水をジェット噴射して歯面に吹きつけることにより、きれいに取り除きます。歯と歯の間や、かみ合わせの溝、歯の裏側などの細かいところもきれいになります。タバコのヤニ、コーヒーや紅茶の茶渋がなくなり、歯がきれいになります。  


Posted by koikenina at 12:29Comments(0)

2018年07月16日

歯周病とは、歯を支える骨や歯肉などの歯周組織が破壊される病気

外観からはみえない静かな病気で、自分では気づく事が難しいため磨き残した部分だけでも発症することがあります。主な原因は、歯周病菌があげられます。 喫煙、食習慣、ストレスなどとも関連があり、生活習慣病といわれています。

また、糖尿病・高血圧などの全身疾患とも関連が指摘されています。症状としては、まず歯肉が赤くなる、腫れるといった炎症が見られるようになり、出血しうみが出て、口臭を伴うようになります。さらに進行すると歯を支える骨が溶けるため歯が動くようになりやがては歯が抜け落ちてしまいます。初期中期には、痛みを伴う事がなく慢性的に進行するので自分で気付いた時には手遅れになる場合があります。そのため当院では、定期的なチェックを行ない、歯周病の早期発見や予防を行なうことにより、生涯自身の歯で生活出来るようにお手伝いをしております。

予防歯科でお口の健康を強化
ブラッシング指導
歯磨きは毎日行うものですが、私たちはどれほど熟達しているでしょうか。歯磨きには正しい磨き方があり、意外と多くの方ができていないのが現状です。歯科衛生士によるブラッシング指導を受けていただくと、適切な磨き方を修得することができます。歯間が気になる方にはデンタルフロスや歯間ブラシの方法もご指導できますので、お申し付けください。
歯科医療機器
クリーニング(PMTC)
歯科医院では、歯ブラシよりももっと的確に細かな汚れを取る器具を取り揃えております。歯ブラシで100%歯垢を取り除くことは難しく、どうしても磨き残しが発生しがちです。プロによるクリーニングでは歯磨きで落とせなかった歯垢を取り除き、歯石の除去を行います。口腔内の細菌状況改善、むし歯・歯周病のリスク軽減にもなりますので、定期的にご利用ください。

スケーリング
歯石を専用の器具で除去する処置です。保険適用のクリーニング内で行うことができます。歯石は歯垢が唾液と混ざって石灰化したものです。歯石は歯磨きでは落とせませんので、できてしまったらスケーリングで取るしかありません。スケーリングが終わったら、歯肉の様子を見て、改善しているようであれば終了します。
光重合器
ルートプレーニング
歯周病の場合、歯石は歯周ポケットの内部にまで入り込んでいることが多くあります。4mm以上の歯周ポケットができている場合、スケーラーの器具は届きません。そこで行うのがルートプレーニングです。歯周ポケット奥深くまで入り込んだ歯石や病変部を専用器具で取り除きます。最後に歯面を滑らかにし、汚れが付きにくくします。  


Posted by koikenina at 11:50Comments(0)

2018年07月14日

歯磨きと合わせてデンタルフロスを使用するとさらに効果的です

治療をすれば完治すると考えている方が多いですが、実は歯は治療をすればするほど脆くなってしまいます。歯を健康なまま使い続けるためには、手をくわえないで健康な状態を維持していくことがとても大切です。
そのために、予防歯科で「むし歯や歯周病になる前に予防をする」ことを徹底して、1本でも多くのご自身の歯を残していけるようにしましょう。

①歯磨き
むし歯・歯周病を予防するためにもっとも重要なことは歯磨きです。正しい歯磨きをすれば、口腔内の汚れを落とすことができます。自分の口腔内を良く観察して、歯の溝や隙間にもブラシが行き届くように磨きましょう。

②デンタルフロスや歯間ブラシ
歯磨きと合わせてデンタルフロスを使用するとさらに効果的です。どうしても歯ブラシが届かない歯の隙間に使用してみてください。歯周病予防にも効果があります。また、歯間ブラシも歯間や歯の根元の歯垢を取るのに効果的です。歯と歯の隙間が広い方やデンタルフロスが苦手な方は歯間ブラシでのケアを行いましょう。
歯科用LED照射器
③食生活や生活習慣の改善
食事をすると口の中が酸性になって歯が溶けやすく、むし歯菌が活躍しやすい状態になります。食事は1日3回、なるべく決まった時間に食べるようにして、その後はしっかり歯磨きをするようにしましょう。また、タバコはニコチンによって口腔内の血管が収縮する、ヤニがたまるなどしてむし歯・歯周病のリスクを高めます。食生活・生活習慣もこの機会に見直してみましょう。

①定期健診
むし歯・歯周病の有無や歯周ポケットの計測、歯並び、かみ合わせなどを検査します。むし歯・歯周病があった場合はすぐに治療を行い、なぜむし歯・歯周病になってしまったのかを診断し、再発しないように対策をとります。また、口腔内の状態に合わせたブラッシング指導を行い、いつもキレイな口腔内を保っていただけるようにしています。
マイクロモーター
②PMTC
PMTCは専用の機器を使って口腔内のクリーニングを行うものです。歯垢やタバコのヤニがとれるだけではなく、歯磨きでは取り切れない歯周ポケットの内部の汚れも取り除くことが最大の特徴です。口腔内の汚れをリセットすることができるので、自宅のケアと合わせて定期的にPMTCを受けていただくことをおすすめしています。
  


Posted by koikenina at 12:30Comments(0)

2018年07月14日

10年後も健康な口腔内を保つためには、プロによる歯のクリー二ングが欠かせません

ご家庭での歯磨きももちろん大切なことですが、どんなにていねいにしっかりと磨いたとしても、歯と歯茎の間の見えない部分の汚れを全て取り除くことができないからです。歯の表面にもブラッシングだけでは落としきれない歯垢がついたり、茶渋やタバコのヤニなどの色がついたりしてしまうもの。

汚れが残っているとそれが虫歯や歯周病の原因になりますし、歯の表面に色がついていると不潔に見えたり老けて見えたりすることも。虫歯や歯周病を予防するためには見えない部分の汚れまで取り去ることが必要ですので、プロが専用の機械を使用して行うPMTCで、奥の方に入り込んだ隠れた汚れを掻き出すことが大切です。
歯科医療機器
また、高濃度のフッ素入り研磨剤で磨くことで、歯の表面がツルツルになり次の汚れが付きにくくなります。見た目も白く美しくなり、口腔環境の改善によって口臭も予防できるので気分もリフレッシュするでしょう。このように、歯科医院では、歯を削ったり傷つけたりすることなく歯のメンテナンスを行うことが可能。事前に虫歯や歯周病になるリスクを減らすことで虫歯や歯周病を予防できますので、定期的に施術を受けるようにしましょう。

主な予防歯科治療
フッ素塗布
フッ素塗布とは、歯科クリニックで歯の表面に高濃度のフッ素を塗布することです。フッ素には、エナメル質の結晶性を高めて歯の質を強化し、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)するなど、虫歯になりにくくする効果があります。
歯科用バイブレーター
ブラッシング指導
予防歯科の基本は、なんと言っても毎日の歯磨きです。しかし、「磨いている」つもりでも、磨き方に問題があるなどして、実際には「磨けていない」方が少なくないものです。歯ブラシの選び方・握り方・動かし方、歯磨きをする上でのポイントなどについて、やさしく丁寧にご指導いたします。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
PMTCとは、「歯科専門家が専用の機器を用いて行う徹底した口腔内清掃」のことです。歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、普段の歯磨きでは行き届きづらい場所や、歯面に付着したバイオフィルム(微生物の集合体)、たばこのヤニ汚れなどを徹底的に掃除し、お口の中を隅々まできれいにします。虫歯や歯周病を予防し、お口の健康を維持するには、このPMTCが欠かせません。  


Posted by koikenina at 11:49Comments(0)

2018年07月13日

予防歯科では、定期的に通院していただき、口の中をチェックして必要なケアや指導を行います

歯は虫歯になってから治療するのではなく、虫歯にならないようにする「予防」を心がけることが重要です。
どんな高価な素材を使って最先端の虫歯治療を受けたとしても、元々の天然の歯の機能と美しさにはかないません。一度でも治療を行った歯は、二度と治療前の健康な状態に戻すことはできないのです。このページでは、虫歯にならないために実践する予防歯科と、予防歯科で行うPMTCやフッ素塗布などのプロケアについてご説明いたします。

定期健診を行うメリット
むし歯や歯周病にならない
予防歯科では、定期的に通院していただき、口の中をチェックして必要なケアや指導を行います。むし歯や歯周病は1日2日で大きく病気が進行することは無く、ゆっくりと時間をかけて進行していきます。むし歯や歯周病が進行する前の段階で異常を発見し、深刻化する前に手を打つのでむし歯や歯周病を患うことはありません。
歯科用顕微鏡
治療の時に痛くない
予防歯科では病気が深刻化する前に手を打ちます。中にはある程度病気の原因が大きくなっていることもありますが、本格的にむし歯や歯周病が進行するよりは簡単な治療で完治させることができます。当然ながら、痛みはほとんど発生しません。

自分の歯が残る
予防歯科の最大のメリットです。
定期検診で疾患の前段階で治療するので、むし歯や歯周病によって歯の寿命を削ることがありません。したがって、高齢になっても歯の健康を維持し続けることができ、入れ歯やインプラントといった歯の欠損を補う治療が最小限に抑えられます。実際、予防歯科の普及している諸外国では、日本の高齢者の倍以上の本数の「自分の歯」を維持し続けているというデータがあります。

治療費を節約できる
「むし歯でもないのに歯医者に行くのはお金がかかるのでは?」と思われるかもしれませんが、本格的にむし歯や歯周病の治療を行う場合には短い期間に何度も通院していただくことになります。そうなると、それだけ多くのお金も時間も必要になります。予防歯科の目的で定期検診を受けられる場合は3か月から6か月に1回の通院で済みますので、お金も時間もそこまでかかりません。かかるお金と時間に対する「歯の健康を維持できる」という費用対効果の面でも、予防歯科は圧倒的に高いコストパフォーマンスを誇ります。
遠心鋳造機
予防歯科で行うこと
予防歯科で行う基本となることは、自分自身で行う毎日の歯磨きによるプラークコントロールです。自分自身で行うプラークコントロールは「セルフケア」といい、自分で毎日行うことができます。そして予防歯科では歯医者で定期的な歯の検査や歯磨き指導を受けたり、PMTCやフッ素塗布などの「プロケア」を合わせて行うことで、より虫歯を予防して健康な歯を保つことができるようになります。  


Posted by koikenina at 12:08Comments(0)

2018年07月12日

PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します

日頃から歯科医院で、虫歯のチェックやブラッシングでは落としきれない汚れの除去など、定期的なメ ンテナンスをしておけば、仮に虫歯になってしまったとしても、治療時間は少なくてすむのです。自分自身の虫歯のリスクを知り、自分にあった虫歯予防を実践してください。 お口の健康を保つために予防することは、歯だけでなく全身の健康にも役立ちます。

PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医師や歯科衛生士といった専門家による機械を用いた歯の徹底的な清掃のことです。30年ほど前にスウェーデンで始まり、今では世界の先進国で広く行われています。

ただ単に歯ブラシの代わりに機械を使って掃除するというものではなく、歯ブラシ等では絶対に落とせないバイオフィルム(台所のヌルヌル汚れのようにこびりついてしまった歯の汚れ)を柔らかいゴムのチップなどを用いて剥がし取り、悪玉菌が多い状態を善玉菌が多い状態にしてしまおうというものです。歯科医院で徹底的なクリーニングを受けてお口の中を善玉菌が多い状態にして、さらにお家でのお手入れを丁寧にしていただくと、次の定期クリーニングの日まで歯のバランス状態を良好に保つことができます。
歯科器具中古販売
PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。 気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。

適切なブラッシング指導
患者さんによって、お口の中はそれぞれ異なります。また年代によって、お口の悩みは違うもの。磨きにくいところを中心に、効果が出やすいブラッシング指導を行っております。
スケーリング
虫歯や歯周病の原因ともなる歯石や歯垢の除去をする「スケーリング」も行っております。
磨き残しなどが原因で、虫歯や歯周病は引き起こされやすいもの。未然に防ぐ処置として、当院でもスケーリングをお勧め致しております。
フッ素塗布・キシリトール
スケーリング後、フッ素を塗布し、虫歯になりにくい歯をつくります。また、キシリトール製品などをお勧めし、日常的な予防も促しています。特に大人むし歯の管理がこれからは重要です。
口腔内カメラ
定期的な検診を
予防歯科においても、定期的な検診は欠かせません。ご自身の歯をより長く健康的に保つために、患者さんにも定期検診の大切さをお話しています。  


Posted by koikenina at 15:37Comments(0)

2018年07月12日

先ほど説明した通り、フッ素には歯を修復・強化してくれる働きがあります

ここからは、予防歯科で実際に行われている検査、施術、そして治療の内容について解説していきます。

虫歯と歯周病の検査
虫歯や歯周病には初期症状がほとんどありません。
そのため、痛みを感じて感染に気づいたときには、すでに症状がかなり進行していると考えられます。そんな自覚症状が出にくい虫歯や歯周病を早期に発見するために、予防歯科では専門機器やX線撮影を使用して検査を行います。
歯科 スリーウェイシリンジ
唾液検査
唾液には、細菌を消毒して口の中を清潔に保つ働きや、口の中を中性に近づけることによって虫歯の発生・進行を抑制してくれる働きがあります。そのため、唾液の量や含まれる細菌数を検査(=サリバテスト)することによって、どの程度虫歯にかかりやすいのか判断できるのです。虫歯への抵抗力は個人差があるので、こうした検査を通してその人にもっとも合った予防歯科の方法を選んでいきます。

フッ素塗布
先ほど説明した通り、フッ素には歯を修復・強化してくれる働きがあります。そのため、しっかりと口の中の汚れを落とした後、フッ素でコーティングするのも予防歯科で行われる代表的な施術のひとつです。
歯科用超音波スケーラー
PMTC
PTMCとは歯科医院で行われる専門的なクリーニングのことで、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、磨きにくい奥歯の溝など、自分で行うブラッシングだけでは磨きにくい場所を徹底してキレイにしてくれます。自分では普段から磨けているつもりでも、実は歯垢がたまり歯石になっていた、というケースも珍しくありません。そのため、こうしたクリーニングを定期的に受けることによって、より確実に口の中を健康な状態に保てるでしょう。

ブラッシング・食習慣指導
いくら歯科医院で検査をしたり、クリーニングをしてもらったりしても、自宅でのブラッシングができていなければ意味がありません。そのため、予防歯科では正しいブラッシングの指導も行っています。また、食習慣の乱れも虫歯の間接的な原因のため、それに対する指導が行われることもあります。  


Posted by koikenina at 12:18Comments(0)

2018年07月12日

病気にならないための1番の対処法は「予防」です

虫歯とは、お口の中の細菌が私たちの食事から養分を摂取して排泄した酸によって歯が溶けてしまう現象をいいます。
虫歯は、ミュータンス菌だけでなく、虫歯の進行に重要な役割を果たすと言われているラクトバチラス菌、そして歯の質にもそれぞれ個人差があります。その他の虫歯のなりやすい条件を満たしている人は特に歯を強くする対策が必要です。虫歯は自然治癒はしません。「虫歯かな?」「歯が痛いな」と少しでも感じたら、放置せずにおかべ歯科医院へお越しください。
ハンドピース 歯科
歯周病治療
歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から入った細菌が、歯肉に炎症を引き起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう病気を歯周病といいます。歯周病は、日本人が歯を失う原因の第1位です。

歯周病の直接の原因は、歯磨きが充分でないときに歯の周りに付く汚れであるプラークに含まれる細菌です。しかし、痛みを伴わないので自覚症状はなく、悪くなってもなかなか気付くことができません。大切なのは歯周病が進行する前にできるだけ早く予防を始めることです。

病気にならないための1番の対処法は「予防」です。どんな病気でも悪くなった状態が長いほど、治るのに多くの時間を要するものです。 病気の程度や期間を最小限に食い止めることで治癒や回復は早まります。 当院では定期的な検診やメンテナンスにて症状の安定を図り、予防を実践していきたいと考えています。虫歯、歯周病を予防し一生自分の歯で食べられる時代の到来です。生涯通じて自分の歯で食事を楽しめるようにしっかり予防しましょう。メインテナンスが歯の延命の決め手になります。
小型滅菌器
PMTC
PMTC(Professional Medical Tooth Cleaning)は歯科医院で行う専門家(歯科医師、歯科衛生士)による歯の清掃のことです。歯の周りや歯と歯ぐきの境界部分には、虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)という細菌のかたまりが存在します。このプラークはバイオフィルムと呼ばれるフィルム状の薄い膜に覆われており、しっかりと歯の表面にへばりついているのです。このためご自宅で行う歯みがきでは、どんなに丁寧にみがいたとしてもプラークの30~40%が残ってしまうといわれています。

PMTCでは特別な清掃器具と薬剤を使用し、コーヒー・お茶の色素やタバコのヤニや歯垢を取り除きます。毎日のホームケアが一番重要ですが、それに加えて1ヶ月~3ヶ月程度のサイクルで定期的にPMTCを受けて、虫歯や歯周病を予防しましょう。  


Posted by koikenina at 11:24Comments(0)