健康、生活

2018年09月18日

歯並び、噛み合わせ、歯の色や形が気になっていませんか?

審美歯科治療とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のことです。
歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに健康に関しては重要な要素であります。 審美歯科治療には様々な治療法があり、歯列矯正、ホワイトニング、セラミックによる白い詰め物や被せ物、ラミネートベニア法などがあります。 

人間は誰でも美しさや健康を求めるものです。あなたも審美歯科治療を利用し、美しい白い歯と機能的な健康な歯を手に入れてみませんか?

歯並び、噛み合わせ、歯の色や形が気になっていませんか?美しい歯並びは身体全体のバランスを保つためにとても重要です。噛み合わせの回復により食事や会話がもっと楽しめることはもちろんですが口元や頬の位置が改善されて顔全体のバランスが整います。
ハンドピース
さらに健康的な歯肉と調和のとれた白い歯になれば表情や気持ちも明るくなり歯と顔貌の審美性が得られます。審美歯科治療は、セラミックやハイブリッドのさし歯、歯のホワイトニング、特殊義歯等によって審美回復を行う部門です。(矯正治療やインプラント治療が併用される事もよくあります。)

輝く白い歯にすること 
歯を白くすることは、その人の印象に大きく関わることです。タバコのヤニで歯が黒ずんでいる人よりも、白く綺麗な歯の人の方が好印象とされます。歯が汚れで黒ずんでいる人はクリーニングやホワイトニングで白くきれいな歯を手に入れましょう。また、歯が欠けていたり、銀の被せ物が気になる人はセラミックの素材を使用すると良いでしょう。
オートクレーブ 価格
整った歯並びにすること 
笑いたくても歯並びが悪いと、大きく口をあけて笑えません。歯並びを整えることによってコンプレックスを解消しましょう。

きれいな歯ぐきにすること
せっかく白く綺麗な歯にしても黒ずんだ歯ぐきや歯ぐきのラインが整ってないと見た目が半減してしまいます。白く綺麗な歯にするには歯ぐき色やラインも重要になります。
  


Posted by koikenina at 12:28Comments(0)

2018年09月17日

歯並びが悪い、歯の色が変色してしまったなどのトラブルを解決する治療です。

男女問わず歯を機能的に美しくする審美歯科は、歯科における花形とも言える分野であり、世界中で競って技術が磨かれています。特に要求水準の高い患者ニーズに応える為には優秀な技工士の存在が欠かせません。患者様の年齢、性別、筋肉の付き方、唇の形、その他の要因を把握しながら理想的な形の歯に仕上げる事で、満足度の高い治療をおこなう事が出来るようになります。歯科医師は歯科技工士の協力無くして審美治療は出来ません。

セラミックなどの自費治療を扱うセラミストと呼ばれる歯科技工士は歯科業界では貴重な存在で、その技術は極めて高度です。当院は自費を専門に扱うセラミストに技工を委託しており、明らかにその歯は「生き生きとしている」ような完璧に近い仕上がりとなっています。

歯並びが悪い、歯の色が変色してしまったなどのトラブルを解決する治療です。
神経のない歯や差し歯を、セラミックできれいにすることができます。 「オールセラミック」は、金属を一切使わず、自然な色合いと質感を追求したものであるため、ご自分の歯と同じようにお使いいただけます。
歯の汚れ(プラーク)も付着しにくく、歯ぐきにも優しく、歯ぐきが黒く見えることもありません。 また、セラミックは、金属を使わないので食べ物の味が変わらず、金属アレルギーの心配もない体に優しい素材です。
マイクロモーター
 こんな方にお勧めです。 
口元が気になって笑えない
歯並びが悪いが、矯正はしたくない
短期間で歯並び、歯の大きさ、歯の形を治療したい
差し歯をの歯ぐきの色が気になる
神経をとった歯の黒ずみが気になる 金属アレルギーの方

クラウン治療 
白いかぶせ物です。銀歯や金歯、前歯の変色や不揃いな歯並びを、白いかぶせ物にすることで、美しい口元になります。
オールセラミッククラウン
歯並びと歯の色を美しく整える治療法です。
歯を白くし、歯の形や隙間なども整えます。
適用範囲が広く、変色歯やふぞろいな歯、歯根部分しか残っていないような場合まで対応できます。
オールセラミックインレー
合金で被せ物を作り、その上にセラミックを焼き付けた物です。
金属を使用しているため、耐久性と強度に優れています。
オールセラミックインレー
ハイブリットインレーは、前歯を美しくする治療方法です。
歯とほぼ同じ硬さで、噛み合わせも自然です。
歯科 超音波スケーラー  


Posted by koikenina at 12:51Comments(0)

2018年09月17日

歯を削ったり人工的な材料を使わないで、ご自身の歯を白くする治療法です

美しく整った白い歯と笑顔は、人に好印象を与える大きな要素です。特に対人関係やビジネスの場ではその役割は大きいといえます。

当院がおすすめする審美治療は、単に歯の色を白くしたり、白い冠をかぶせたりする美容歯科と異なり、お口の健康を大前提に治療を進めて「キレイ!」も手に入れる方法です。
噛み合わせや咀嚼などの機能面や、歯槽膿漏など口腔内の治療を前提に、歯の色・形態・歯並びなど、顔と口元のバランスを美しく整えます。捕綴や歯列・矯正など、あらゆる分野の歯科技術を駆使して行う歯科治療です。

ホワイトニング
歯を削ったり人工的な材料を使わないで、ご自身の歯を白くする治療法です。
ご自宅で出来る「ホームホワイトニング」もありますのでお気軽にご相談ください。

コンポジットレジン修復
コンポジットレジンとは、歯とほぼ同じ色・形態・歯に近い硬さを再現することが可能な材料です。
歯科器具
従来は銀歯が一般的だった虫歯治療や、折れてしまった歯の再現、無くなってしまった前歯の回復など、多くの場面で健康な歯を過剰に削ることなく治療することが可能です。お口の中での操作のみで治療が完結するため、短時間で痛みの無い治療が可能です。
コンポジットレジンを使用した治療方法について、先進技術を取り入れております。できるだけ金属を使用しない治療方法は、金属アレルギーの心配な患者様に対しても向いていると思います。

歯を漂白する方法で、当院では医院で一回で出来るオフィスホワイトニングと自宅で出来るホームホワイトニングがあります。ホワイトニングは、歯を削ることなく歯の色調改善が出来ます。虫歯の治療を行っている歯では、漂白前にその再治療をする必要があるかもしれません。術前に必ず精密な検査と説明を受けてください。自宅で出来るホームホワイトニングを行う場合は、先ず歯型をとり、それにあわせたホワイトニングトレーを作成します。トレー完成後、トレーに流し込んで歯に固定して漂白します。個人差がありますが、約2週間程度で効果がみられる場合もあります。
光照射器
金属の代わりに白い材料を詰める方法です。一般的な材料はレジンという樹脂系の材料ですが、より審美性にこだわったセラミックを詰める方法がセラミックインレーです。
詰め物をする時はかみあわせが大切なポイントなので、歯と材料との境目をきれいに研磨することが重要になります。セラミックインレーでは詰め物をした跡がほとんど分からなくなります。近年では人気の高い治療方法です。
  


Posted by koikenina at 11:56Comments(0)

2018年09月14日

歯周病の原因は患者さんごとに様々で、その症状と治療法も一人ひとり異なります

歯周病治療においては「治療」という言葉を自信を持って使えます。
(虫歯治療の場合は「治す」という言葉は適切ではないと考えています)ここで主役になるのは歯周病ケアにおけるプロフェッショナルである歯科衛生士さんです。
歯周病という病気は患者さんごとに状況が大きく異なり、「歯石を取る」「歯ブラシを頑張る」だけでは治癒しないことも多々あります。また治療のゴールを患者さんとよく話し合わないと「良い治療」にはなりにくい分野です。
同じ状況でも歯周外科と呼ばれる手術が必要だったり、場合によっては周りの歯を守るために重症の歯を抜歯することを提案することもあります。決してこちらから一つの治療を押し付けることはありませんが治療における優先順位は患者さんによって様々ですので最初の段階でよく話し合いをしましょう。
マイクロモーター
極力ご要望に添える治療を行います
絶対に抜歯だけはしたくない
出来るだけ通院回数を減らしたい
痛い処置、怖い処置は避けたい
悪くなりそうな歯は抜いてほしい

治療にあたってのご要望は上記のように皆さんお持ちかと思います。それぞれご要望をお聞きした上で、ベストな治療計画を立案させて頂きます。歯科 コントラ歯周病の原因は患者さんごとに様々で、その症状と治療法も一人ひとり異なります。個々の症例を最善の結果に導くために、日頃の生活習慣やお口の状態を検査させて頂く必要があります。立石ファミリー歯科では患者様の要望をお聞きし、それぞれの症状に的確に対処するための、診療システムが確立しております。初診から終診、そしてメンテナンスまで、なるべく患者様の要望に添って不安な気持ちを抱く事なく、安心して治療に専念して頂けるよう配慮しております。
治療後のお口を最善の状態を維持していくために、定期的なメンテナンスは非常に重要です。歯周ポケット内の細菌は、歯石等を除去しても、時間が経つとまた増えてしまいます。定期的なメンテナンスで、細菌の後戻りを遅くすることが虫歯・歯周病の抑止になります。  


Posted by koikenina at 15:50Comments(0)

2018年09月14日

歯周病の原因は患者さんごとに様々で、その症状と治療法も一人ひとり異なります

歯周病治療においては「治療」という言葉を自信を持って使えます。
(虫歯治療の場合は「治す」という言葉は適切ではないと考えています)ここで主役になるのは歯周病ケアにおけるプロフェッショナルである歯科衛生士さんです。
歯周病という病気は患者さんごとに状況が大きく異なり、「歯石を取る」「歯ブラシを頑張る」だけでは治癒しないことも多々あります。また治療のゴールを患者さんとよく話し合わないと「良い治療」にはなりにくい分野です。
同じ状況でも歯周外科と呼ばれる手術が必要だったり、場合によっては周りの歯を守るために重症の歯を抜歯することを提案することもあります。決してこちらから一つの治療を押し付けることはありませんが治療における優先順位は患者さんによって様々ですので最初の段階でよく話し合いをしましょう。
マイクロモーター
極力ご要望に添える治療を行います
絶対に抜歯だけはしたくない
出来るだけ通院回数を減らしたい
痛い処置、怖い処置は避けたい
悪くなりそうな歯は抜いてほしい

治療にあたってのご要望は上記のように皆さんお持ちかと思います。それぞれご要望をお聞きした上で、ベストな治療計画を立案させて頂きます。
歯科 コントラ
歯周病の原因は患者さんごとに様々で、その症状と治療法も一人ひとり異なります。個々の症例を最善の結果に導くために、日頃の生活習慣やお口の状態を検査させて頂く必要があります。立石ファミリー歯科では患者様の要望をお聞きし、それぞれの症状に的確に対処するための、診療システムが確立しております。初診から終診、そしてメンテナンスまで、なるべく患者様の要望に添って不安な気持ちを抱く事なく、安心して治療に専念して頂けるよう配慮しております。
治療後のお口を最善の状態を維持していくために、定期的なメンテナンスは非常に重要です。歯周ポケット内の細菌は、歯石等を除去しても、時間が経つとまた増えてしまいます。定期的なメンテナンスで、細菌の後戻りを遅くすることが虫歯・歯周病の抑止になります。  


Posted by koikenina at 12:41Comments(0)

2018年09月14日

自分の歯を削り、それを土台にして人工の歯をかぶせる物をクラウンといいます

審美治療とは、ただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。
バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。機能的な側面と審美的な側面、どちらも健康的な日常生活を送るうえで大事な要素ですが、保険診療による一般の歯科治療では、むし歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。
歯科 通販
ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに白くする方法で、もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食による着色・神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因は様々ですが、それをより白くします。個人差や同じ方の歯でも多少の差はありますが、ホワイトニング前と比べると明らかに本来の歯の白さを取り戻します。

その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。あきらめていた歯の黄ばみや汚れも、内容に応じた治療法で本来の美しい白い歯を取り戻すことができます。

インレーとは、むし歯などで歯を削った所に詰める、詰め物のことです。インレーに使われる素材はいろいろなものがありますが、その中でもセラミックインレーは、年数によって変色することもなく強度も強く、色も自在に調整できるので、どこに詰め物があるのかわからないほど自然に仕上げることが出来ます。どこに詰め物があるのかわからないほど自然に仕上げることが出来ます。

自分の歯を削り、それを土台にして人工の歯をかぶせる物をクラウンといいます。保険内治療の物ですと、金属にプラスチックを付けたものになりますので、強度が弱く、年数が経つと黄色く変色してしまいます。オールセラミッククラウンですと、セラミックインレー同様、金属アレルギーの心配がない他、自然で光透過率が高いので、見た目に大きく影響する前歯にもっとも適した材質のかぶせ物です。クラウンには下記の種類があります。
光照射器
ジルコニアセラミッククラウン(強度の強いかぶせもの)
オールセラミッククラウン(金属アレルギーの方も安心なかぶせもの)
メタルボンドセラミッククラウン(自然な色合いで審美性も良いかぶせもの)
ハイブリッドセラミッククラウン(天然歯と同じぐらいの強度を持つかぶせもの)
硬質レジンクラウン(保険適応内で使用できるプラスチック製のかぶせもの)
メタルクラウン(保険適応内で使用できる金属のかぶせもの)
  


Posted by koikenina at 11:26Comments(0)

2018年09月12日

歯を失うのは誰にでも起こる老化現象ではありません

そよかぜ歯科クリニックでは予防歯科が最も大切と考えています。「歯を失ってから歯の大切さに気づいた」「何も気にせずに当たり前に食事ができることは、幸せなことだったんだ」そう言われる患者様をたくさんみてきたからこそ辛い思いをする患者様を増やさないようにすることが使命だと思っています。

悪くなる前・痛くなる前の受診がお勧めです
皆様はどんな時に歯医者へ行こうと思いますか?歯が痛くなったとき?歯ぐきが腫れたとき?虫歯や歯周病が進行してしまってから治療を受けると、どうしても費用や時間がかかります。通院を繰り返したり、費用がかさんだりするのは嫌ですよね。歯科医院には歯が悪くなってから行く方が多いと思いますが、悪くなる前に予防できればよけいな費用や時間をかけずに済みます。 また、痛みが出る前にご来院していただければ治療に対して恐怖心がある方には、リラックスして受診して頂けると思います。
歯科 通販
「歯を失う原因」に年齢は関係ありません
歯を失うのは誰にでも起こる老化現象ではありません。原因の7割以上は虫歯と歯周病です。つまり、それらを予防すれば歯を失う確率を大幅に減少させることができるということです。世界で一番歯科疾患が少ない国として知られているスウェーデンでは、国全体の歯科医療の方針として「予防歯科」の考えが採用されています。子供の頃から歯の検診や歯の健康づくりが生活習慣として定着していることが、虫歯や歯周病を未然に防ぐことにつながっています。スウェーデンでは80歳を迎えても、ほとんどの歯を維持できている方が大半です。自分の歯でしっかり噛み、食事やおしゃべりを楽しめる、より豊かで充実した時間を過ごす…それは私たち日本人が目指す理想の姿と言えます。

スケーリング(歯石取り)
歯周病の原因となる細菌が含まれている歯石は通常の歯みがきでは除去することができません。歯科医院にて専門の器具で定期的に除去する必要があります。
光照射器
口腔検査
適切なケアを行うために、歯や歯茎などお口の中の状態を丁寧に検査します。その他の検査結果と合わせ、一人ひとりに最適な予防・治療計画を提案させていただきます。

歯みがき指導
毎日のご自宅でのセルフケアで磨き残しなどがないように、個々のお口の状態に合わせた歯みがきの仕方から歯ブラシの選び方までサポートいたします。  


Posted by koikenina at 15:31Comments(0)

2018年09月12日

歯垢の除去には主にPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が最も効果的です

鹿児島の林歯科医院(加治屋町)では虫歯や歯肉炎・歯周病にならないようにする為、予防歯科に重点を置いています。では、具体的にこの予防歯科とはどんなものでしょうか?
予防歯科とは、口腔内の健康を守る為に、お口の掃除(PMTC)、個々に合った歯の磨き方の指導、フッ素塗布、シーラント(予防充填)などを行うことです。

PMTC
歯垢の除去には主にPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)が最も効果的です。PMTCとは歯垢を除去するための専門的な機器を使い普段の歯ブラシでは行き届かない、歯の隙間や歯周ポケットの歯垢を除去し、同時に歯の表面を平につるつるに磨き上げ歯垢がつきにくくすることで虫歯や歯周病の予防に効果を発揮いたします。年齢を重ねてもいつまでも健康で丈夫な美しい歯・歯ぐきを保つためには、定期的に歯科医院に通っていただくことが最も重要なことだと考えています。そのためにも日頃の適切なブラッシングと定期的な検診を行い、歯のクリーニングを心がけましょう。
歯科 ユニット
CURE(治療)からCARE(予防)へ
今や人生80年の時代と言われていますが、80歳では自分の歯が数本しか残っていないのが日本の現状です。これは他の先進国と比較すると極めて悪い数値です。痛くなった時だけ歯科を受診するといったスタイルが招いた結果と言えるでしょう。お口の健康を保つにはセルフケアとプロフェッショナルケアを両立させることが需要です。そのためには定期健診を受けることが必要不可欠となってきます。私たちサニーデンタル歯科のスタッフは皆様のお口の健康を保つために全力でサポートします。

お口の健康と健やかな生活
毎日食事を美味しく食べることは心と体の健康を保ち、QOL(生活の質)を高め、人生をより豊かなものにしてくれます。しかしお口の健康がよくないと栄養の接種がうまくいかなくなり、活力が出なくなります。動物も歯を失って食べられなくなると生きてはいけず、それは「死」を意味します。
歯科 マイクロスコープ
定期健診の結果と一人平均残存歯数の比較
「治療だけを受けた人」と「定期健診(メンテナンスケア)を受けた人」とでは残存歯の数に大きな差が出ています。特に年齢が高くなるにつれてその差は大きくなります。一生涯にわたって健康な歯を保つためには、やはり定期健診を受診することが大切です。
食事を美味しくいただけく、おしゃべりを楽しむ。日常生活の中で、当たり前のことを当たり前にするためには、これからの皆様の行動にかかっています。歯の寿命は、自分自信が決めるのです。  


Posted by koikenina at 12:31Comments(0)

2018年09月11日

無意識のうちに過大な力が加わることで歯を支える骨に負担がかかります

歯周病は、放っておくと歯を失ってしまう、歯ぐきと歯を支える骨の病気です。
歯周病菌の原因菌を含むプラーク(細菌のかたまり)によっても炎症が起こります。
生活習慣によっては、歯周病を悪化させるものもあります。

歯周病は、歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と全身や生活習慣の問題から起こる病気です。
プラーク
歯の表面に形成されたプラークには、さまざまな細菌が存在します。
歯石
プラークは歯にくっついてから時間がたつと歯石になります。
歯ブラシでは取ることができません。
喫煙
血行障害を起こし口の中の抵抗力が弱まります。
歯ぎしり、くいしばり
無意識のうちに過大な力が加わることで歯を支える骨に負担がかかります。
清掃不良
食後のブラッシングを習慣づけましょう。
その他のリスクファクター
糖尿病、ストレス、片寄った食事、薬剤の服用なども歯周病の進行を促進します。
歯科バイブレータ
セルフケア
歯みがき
プラークコントロールの基本は、毎日の歯みがきです。
歯周病の原因は、細菌性プラークです。
細菌性プラークを確実に取り除く「プラークコントロール」を修得することが大切です。
生活習慣の改善で、歯周病のリスクファクターを取り除く
生活習慣をどれか1つでも改善することが、歯周病予防に繋がりあなたの歯を守ります。
喫煙
血行障害を起こし口の中の抵抗力が弱まります。
歯ぎしり、くいしばり
無意識のうちに過大な力が加わることで歯を支える骨に負担がかかります。
清掃不良
食後のブラッシングを習慣づけましょう。
その他のリスクファクター
糖尿病、ストレス、片寄った食事、薬剤の服用なども歯周病の進行を促進します。
パルスオキシメーター
定期検診・メインテナンス
歯周治療では、定期的に口の中、歯の周りの組織のチェックを受けることが必要となります。 歯周病は再発しやすい病気で、場合によっては再度問題が見つかり、治療が必要となることもあります。メインテナンスの期間は、患者さんのお口の中の状態によっても異なります。ぜひ期間を決めて、歯医者をご利用下さい。毎日の的確な歯磨きと規則正しい生活習慣が出来ているかどうか、再発がないか、定期的に歯医者さんでチェックを受けましょう。  


Posted by koikenina at 16:49Comments(0)

2018年09月11日

多くの歯科医院では、矯正治療をする患者さんに矯正治療中の歯磨きの仕方を指導しています

まず矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすいということに注意しておきましょう。
これは矯正装置に害があるという意味ではなく、
矯正装置を装着していることで歯磨きがしづらくなるからです。矯正装置を装着すると歯が複雑な状態になっているため、凹凸によって歯が磨きづらくなります。そのせいで食べカスやプラークが溜まりやすく、虫歯や歯周病になるリスクが高まってしまうのです。
このため、矯正治療中は虫歯や歯周病の予防を普段以上に徹底しなければなりません。

矯正治療中の虫歯や歯周病を予防するには
矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすいものの、しっかりとした予防策をとっていれば心配ありません。
次の3つの予防方法を実践することで、矯正治療中の虫歯や歯周病を予防しやすくなります。
・歯磨きの仕方を指導してもらう
歯科用材料
多くの歯科医院では、矯正治療をする患者さんに矯正治療中の歯磨きの仕方を指導しています。
ちなみに矯正治療を希望する場合は歯科医院選びにも慎重になると思いますが、
このようなケアに無頓着な歯科医院があった場合、その歯科医院での治療はおすすめできません。
・デンタルフロスや歯間ブラシを使用する
普段の歯磨きにも言えることですが、ブラッシングだけの歯磨きだと磨き切れない箇所が出てきます。
矯正装置を装着した状態だとそれは尚更のため、
デンタルフロスや歯間ブラシを使用して歯と歯の隙間も綺麗に磨くようにしましょう。
・マウスピース矯正にする
マウスピース矯正なら自分で矯正装置を取り外しできるため、歯磨きにおいて一切の支障がなくなります。
食事中も外すことができますから、矯正装置への食べカスの付着を防げますし、
矯正装置が邪魔になって歯が磨きづらくなることもなく、普段どおりの歯磨きが可能です。
・裏側矯正にする
裏側矯正とはワイヤーの矯正装置を舌側に装着する矯正方法ですが、舌側は当然唾液で溢れています。
このため、矯正装置を装着した箇所に付着しているプラークが洗浄されやすく、
従来の表側矯正に比べて虫歯や歯周病を予防しやすいのです。
マイクロモーター  


Posted by koikenina at 16:14Comments(0)