健康、生活 › 現状では、歯が悪くなるたびに治療を行い、残すことが出来なくなると歯を抜きます

2018年06月08日

現状では、歯が悪くなるたびに治療を行い、残すことが出来なくなると歯を抜きます

ご存じでしょうか?また、ご自身の年齢で、平均的に何本くらいの歯が残っているのか、ご存じでしょうか?平均的な日本人のお口の推移は、年齢を重ねるごとに健康な歯が少なくなり、歯を失っていきます。ある疫学的調査によると、下図に示すように、大人の歯は親知らずを除いてもともと歯は28本あるのに、40歳で25本、50歳で22本、60歳になるとガクンとおちて13本、70歳で8本という結果でした。最近の予防歯科の進歩により、歯を失う数は減少傾向にあるとはいうものの、“歯を失ってしまう”ということは、依然として切実な問題です。
歯科医療機器
現状では、歯が悪くなるたびに治療を行い、残すことが出来なくなると歯を抜きます。そして歯を失ったところに義歯を入れることを繰り返します。また、治療には多くの時間を使い、痛みや不快な気分を多く伴います。 歯の痛みや違和感などの不快な症状は精神面や肉体面にも多大な影響をおよぼします。それは、歯を失う恐怖、美味しい物を食べられない苛立ち、歯がぐらぐらして硬いものが咬めないもどかしさ、見た目が悪くて口を開けられない恥ずかしさ、口臭によって周囲が気になる不安などです。多くの歯を失われた方は、歯が残っている方に比べて痴呆になる割合が数倍になるという統計もあります。

さて、平均的な日本人のお口と、あなたのお口の違いはありましたでしょうか?治療を何度も繰り返されてはいませんか、歯周病がどんどん進行していませんか、歯の調子が悪くなることはありませんか。お口のことで不安なことはありませんか?歯を守るために何かされていますか?歯を長く使うための方法をご存知ですか?
電気歯髄診断器
PMTCとは?
毎日しっかりと歯磨きをしていてもどうしてもお口の中に汚れは残ってしまいます。この汚れが歯の黄ばみやむし歯の原因になってしまいます。この汚れを専門的な方法で徹底的にお掃除するのが「PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)」です。PMTCは歯のクリーニング専用のブラシや薬を使って行います。むし歯や歯周病の原因となる菌を落とすと同時に、治療終わりには自分で歯を磨いた時には感じる事が出来ないようなさっぱりとした感じを得られます。また、衛生面に配慮して、使用するブラシとラバーカップは使い捨ての物を使用しています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。