健康、生活 › 予防歯科はむし歯・歯周病を未然に防いで、歯やお口の中を健康に保つ治療を行います

2018年08月02日

予防歯科はむし歯・歯周病を未然に防いで、歯やお口の中を健康に保つ治療を行います

日本では「歯科医院は歯に何かしら問題が起きてから治療を受けに行く所」なのに対し、欧米諸国では「問題が起きる前に予防として検診を受けに行く所」と捉えられています。ですから欧米諸国では、虫歯や歯周病等は予防することが当たり前という考えが浸透しています。

最近では日本でも予防に力を入れている歯科医院も増えてきています。定期的なメンテナンスをすることで、いつまでも健康的な歯を保ち続けることができるからです。
今ではインプラント、セラミック修復、入れ歯などの様々な治療法が開発されています。確かに審美性も良く、機能的にも回復することができるかもしれません。しかし、費用や今後の維持・管理の面で負担がかかってしまうことは免れません。そのようなことになる前に、日頃からの定期的かつ適切なケアを行っていくことが最も重要な事ではないでしょうか。

予防の手法としては、主に歯科医院での専門的なクリーニング(歯石の除去、PMTC)、フッ素塗布、ブラッシング指導等があります。セルフケアですべての歯垢を取り除くことが理想ですが、現実にはなかなか上手くいきません。虫歯、歯周病を未然に防ぐためにも、一度検診を受けてみてはいかがでしょうか。
歯科 通販
予防歯科はむし歯・歯周病を未然に防いで、歯やお口の中を健康に保つ治療を行います。
日本では歯科医院は痛くなってから行くところというイメージが強いかもしれませんが、先進国では、歯科医院は「痛くなる前にしっかり予防するために通う」という認識が浸透してきています。実際に病気にかかった歯を治療するのではなく、歯を病気にさせないことを徹底したスウェーデンでは80歳になっても平均で20本もの天然歯が残っていることが証明されています。しかし、まだその意識が薄い日本の高齢者は平均7本しか歯を残せていません。
歯科 通販

日本人の平均寿命は80歳といわれていますが、健康寿命はもっと短いとされています。年齢を重ねても元気に笑顔で過ごすためには、健康寿命を延ばすことが大切で、それにはお口の健康状態も密接に関わっています。歯がないと食事ができずに栄養摂取ができない、会話がうまくいかない、そこから人と関わることを避けてしまいがちに…。また、お口の中の細菌が全身に渡り、心疾患や認知症、骨粗しょう症、糖尿病なども併発してしまう恐れがあります。年齢を重ねてもいつまでも健康に過ごせるように、今からお口の中のケアをはじめましょう。
口腔内カメラ
ブラッシング指導
自分の歯は自分の目で360度確認することができないので、正しく歯磨きができていない方が多いです。自分の口腔内に合った歯磨きの仕方はどうすれば良いのか、担当の歯科衛生士がついて歯磨き指導を行っています。歯磨きの仕方は加齢などで変化するお口の中の状態に合わせて指導させていただいておりますので、こちらもメンテナンスごとに実施しています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。