健康、生活 › 歯の全面にセラミックス製のクラウン(冠)をかぶせ、固定する治療です

2018年09月05日

歯の全面にセラミックス製のクラウン(冠)をかぶせ、固定する治療です

審美歯科とは、一般的には歯の美しさに焦点を当てた歯科医療のことを言います。
従来の歯科治療は虫歯や歯周病等、歯の悪い部分を治すことに主眼がおかれてきました。しかし最近では治療するのであれば、さらに美しく見えるように治療しようという考え方に変わってきています。綺麗で白い歯は人に好印象を与え、歯並びの良い歯は健康で楽しい食生活をおくることもできます。歯の悪い部分だけを治すのではなく歯や口元の欠点をカバーし、トータルなお口の美容と健康を一緒に目指しましょう。

オールセラミックスクラウン
歯の全面にセラミックス製のクラウン(冠)をかぶせ、固定する治療です。歯の全体を一回り削り、上からセラミック製の歯をかぶせます。歯並びを修正ができ、先天的な歯の変色に対しても有効です。金属を一切使用していないので金属アレルギーがおきないというメリットがあります。光の透過が天然の歯とほとんど変わらないので、透明感のある自然な歯が再現でき、治療箇所も目立ちません。
歯科 通販
セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。セラミックの自然な仕上がりで、虫歯跡を目立たないようにできます。

ラミネートベニア
歯の表面を貝殻状のセラミック素材でコーティングしてしまう治療で、歯の隙間やねじれた歯、欠けた歯に有効な治療方法です。コーティングする際、歯の表面を薄く削ることがありますが、痛みはなく、歯の負担も極めて少ないです。またラミネートベニアは歯にコーティングを行なうので歯の治療だけでなく、ホワイトニング効果も同時におこなうことができます。素材自体もかなりの強度があり磨耗や変色の心配がありません。治療期間も短期間でおこなえます。
マイクロモーター 販売
ホワイトニングって何?
歯の表面に白い色を塗って白く見せるのではなく、本来の自分の歯そのものを白く変化させるものがホワイトニングです。したがって、歯ブラシを使って歯を磨いたとしても色は落ちたりしません。
しかし、ホワイトニング終了後から少しずつ元の色に戻っていきます。大体4~12ヶ月で、元の歯の色に近くなります。
 
ホワイトニングの種類
歯のホワイトニングの方法は基本的にはどちらも歯科医院を利用しますが、大きく分けると2つ。 一つは、歯科医院(DENTAL OFFICE)のみで行なう「オフィスホワイトニング」と、もう一つは、歯科医院などで作ってもらったマウスガードを使って自分の家(HOME)で行なう「ホームホワイトニング」があります。どちらも歯を白くすることは可能で、自分に適した方法を選択すれば良いと思います。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。