健康、生活 › 保険治療を行う一般歯科では、「噛む」という歯の機能を正常な状態に回復するための治療を中心にします

2019年11月28日

保険治療を行う一般歯科では、「噛む」という歯の機能を正常な状態に回復するための治療を中心にします

例えば、虫歯になった場合、まず虫歯になった部分を削ります。削った後の空洞は放っておくと細菌の住処となってしまうので、詰め物をして修復します。これが一般的な治療方法です。

しかし、中には「詰め物の色が気になって大きな口を開けて笑えない」という人もいます。口元の美しさは、快適な、社会生活を営む上で重要な役割を果たしているのです。そこで登場したのが審美歯科です。審美歯科は、機能的な側面に限らず、治療後の美しさにも重点を置いた治療を行います。先ほどの虫歯の例では、セラミック治療などを行い、銀歯を目立たなくします。
タービン 歯科
審美歯科で行う治療は、健康で美しい口元を作ることを目的にしています。例えば、「黄色い歯を白くしたい」という希望には、歯の表面の着色汚れや沈着物の除去を行う「クリーニング」のほか、薬を使って歯の色を白くする「ホワイトニング」があります。

審美歯科の選び方
Point1 治療前に治療法について十分な説明があること.検査や治療方法について、こちらがわかるように説明してくれるところを選びましょう。
Point2 定期健診のシステムが整っていること。健康で美しい歯を保つには、定期健診をきちんと行っている医院であることが大切です。
Point3 清潔で安全な病院であること。消毒設備などが整った清潔で安全な環境であるかどうかを確認してください。
歯の欠けや隙間を埋めて歯並びを整えたい場合は、セラミックのかぶせ物による治療を行います。ただし、根本的な歯並びの治療には歯列矯正が必要になります。また、審美歯科の治療の多くは保険が適用されてない自費診療となります。治療費は歯の状態や治療法によって大きく異なるので、事前に歯科医に確認するようにしましょう。
高圧蒸気滅菌器
セラミック法
メタルボンド クラウン(被せる)
セラミックの強度を持たせるために貴金属で裏打したもので、セラミックの透明感と貴金属の強度を併せ持ち、ブリッジ、連結冠等の症例にも適応できる。総合的に最もオススメできる被せ物です。
オールセラミックス クラウン(被せる)
セラミックのみで作製しますので、究極の透明感を追求される方に適用します。
金属アレルギーのある方に最適です。
セラミックインレー(詰める)
セラミックによる歯の詰め物です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。