健康、生活 › 1つでも当てはまったら歯周病の可能性があります

2020年07月27日

1つでも当てはまったら歯周病の可能性があります

近年、歯周病は口腔内だけの問題ではなく糖尿病や肺炎など、多くの疾患の発症リスクを高め、妊婦の場合は早産リスクが約5倍も高くなることがわかってきた歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、赤みや腫れ、出血、排膿、口臭といった様々な症状が現れる疾患です。歯周病は、細菌の塊である歯垢や歯石により歯と歯茎の間の隙間が広がることで進行し、歯周組織に細菌が進入すると歯根膜や歯を支えている顎の骨(歯槽骨)を破壊します。さらに進行すると、歯を支える力が弱くなるため歯がぐらつき、最終的には歯が抜ける恐ろしい病気です。
歯科用タービン
歯周病かなとおもったら、セルフチェックしてみましょう
1つでも当てはまったら歯周病の可能性があります。早めに受診されることをお勧めします。
朝起きたとき、口の中がネバネバする
歯磨きをしたときに、歯茎から血が出る
歯茎が腫れたり、膿が出たりする
歯と歯の間に「すき間」がひろがってきた
歯茎の色が赤色や紫色になった
歯茎が下がってきた
ぐらつく歯がある
口臭が気になる
歯ぎしりをしている
口内炎ができやすい

スケーリング
軽度の歯周病治療に用いられる治療方法です。歯周ポケットの歯垢や歯磨きでは取ることのできない歯石を「スケーラー」という専用器具ををつかって除去します。
歯石は日々の歯磨きでは取り除けない上、除去してもしばらくすると再形成されますので、定期的な除去をお勧めいたします(3~6ヶ月に1回位)。
歯科 技工 エンジン
ルートプレーニング
中度の歯周病治療に用いられる治療方法です。歯周病が進行すると歯周ポケットも深くなるため、スケーリングだけでは奥の歯垢や歯石を取ることができません。そこで、「キュレット」という専用器具をつかって奥深くの歯垢・歯石を除去し、さらに歯根を滑らかな面に仕上げます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。