健康、生活 › 第一に予防。そして、早期発見・早期治療が大切ですね

2020年09月28日

第一に予防。そして、早期発見・早期治療が大切ですね

歯周病とは、歯の周囲に付着したプラーク(細菌のかたまり)が歯と歯ぐきの隙間に入り込み、歯ぐきに炎症を起こし、その炎症が慢性化すると、歯を支えている周りの骨を溶かしてしまうという、怖い病気です。痛みなどの自覚症状が少なく、ひとたび進行してしまうと治療が困難になります。

歯周病は生活習慣病
厚生労働省は1996年(平成8年)より、それまで成人病と称した大人の慢性疾患を生活習慣病という名称にかえました。「習慣の改善によって病気の予防や治療を行う」という考え方がひろがることを期待しているからです。
第一に予防。そして、早期発見・早期治療が大切ですね。
歯科 ユニット
このような症状に思い当たる方は歯周病の可能性があります。
早めに受診しましょう。 
ハミガキをすると、歯茎から出血する。
最近、あまり硬い物が食べられなくなってきた。
歯が動いて、痛くて噛めない。
口臭がひどく、歯茎からウミがでる
超音波スケーラー
歯周治療
歯の表面に付着しているプラーク(歯垢)がバイオフィルムとなり、微生物の集合体として毒素を放出しながら増殖してくると、生体の炎症反応と免疫反応をともない、歯周組織は破壊されて最終的には歯が抜けてしまいます。抗菌薬も一時しのぎにすぎず、効果的な除去方法は機械的に取り除くしかありません。対策としてもっとも大切なことはホームケアとしての歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスなどによる機械的洗浄と生活習慣の改善、それに歯科医院での専門的な治療です。早い段階からの定期的な受診により、早期なうちに問題を解決して、出来るだけ多くの健康な歯を残していく努力をしていきましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。