健康、生活 › 2020年08月21日

2020年08月21日

スケーリングとは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石を取り除く治療です

歯周病の基本治療メニュー
ブラッシング指導
虫歯や歯周病の大きな原因は、毎日のブラッシングによる「磨き残し」が細菌の温床となってしまうことです。普段からしっかり歯磨きをしているつもりでいても、”磨いている”と”磨けている”には大きな差があり、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っている場合が多く見られます。そこでまず、患者さん一人ひとりのお口の状態や歯並びに適した正しいブラッシングを指導します。
歯科器具中古販売
スケーリング
スケーリングとは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石を取り除く治療です。専用の器具や超音波を用いて、石灰化した歯石まできれいに除去します。保険適用の比較的安価な治療でもありますので、3~6か月に一度ほどのペースでご来院いただくと、より効果的です。

ルートプレーニング
歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなり、スケーリングだけでは奥深くの歯石を取ることが難しいケースがあります。ルートプレーニングとは、歯周ポケットの奥深くに付着した歯石や感染した歯質を、専用の器具を使って徹底的に除去する方法です。通常、局所麻酔を用いて治療しますので痛みはありません。
オートクレーブ 価格
PMTC
PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、歯科衛生士など歯科専門のスタッフによって行われる歯のクリーニング法です。シリコンゴムの器具やペーストを用いて、歯磨きでは落としきれない汚れや歯垢、バイオフィルムなどを除去します。  


Posted by koikenina at 16:39Comments(0)

2020年08月21日

日々の歯磨きでは不十分な部分を、スタッフが専用器具とフッ素入りペーストを用いてクリーニングします

歯が抜けてしまう原因で特に多いのは虫歯と歯周病です。これらの病気は細菌感染によって起こることがわかっているため、予防することが可能です。しかし、日本では未だに虫歯や歯周病で歯を失う方が絶えず、平均して80歳の時点でわずか8本程度しか歯が残っていないのが現状です。一方、歯の定期検診が一般的に行われ予防の意識も高い欧米では、
80歳を超えても平均20本以上の歯が残っているのです。80歳で20本の歯を残すためには日々のお手入れと定期的なメンテナンスが非常に重要です。
歯科診療用ユニット
口の中の健康を保っていくために、定期的に歯のメインテナンスに通院してもらうシステムが予防歯科です。 むし歯になる前に定期的にメンテナンスを行うことで歯の様々な疾患を予防し、健康な歯を維持していきましょう。

PMTCでむし歯・歯周病予防
日々の歯磨きでは不十分な部分を、スタッフが専用器具とフッ素入りペーストを用いてクリーニングします。歯ブラシで取れないプラークをも取り除くことができるので、むし歯予防・歯周病予防・口臭予防に非常に大きな効果があります。
Professional 専門家が行う
Mechanical 機械的な
Tooth 歯の
Cleaning 清掃のことです。
日常の歯みがきだけでは虫歯や歯周病になりやすく、歯の健康を維持管理していくのは難しいため、定期的(3~6ヶ月ごと)に行うのがよいでしょう。
歯科材料 輸入
PMTCの流れ
歯石、歯垢、茶渋の除去
歯の表面に着いた汚れ、歯石、歯垢、茶渋を専用の器具で隅々まで除去します。歯石や日常の歯みがきでは取りきれなかった歯垢を除去することにより、虫歯や歯周病を予防します。
頑固な汚れは歯面清掃器で除去
頑固な汚れは、重炭酸ナトリウムのパウダーと水をジェット噴射して歯面に吹きつけることにより、きれいに取り除きます。歯と歯の間や、かみ合わせの溝、歯の裏側などの細かいところもきれいになります。タバコのヤニ、コーヒーや紅茶の茶渋がなくなり、歯がきれいになります。
ポリッシング、薬剤塗布
研磨剤をつけて、歯の隅々までみがいていきます。ポリッシングによって歯がツルツルになることで、歯石や歯垢がたまりにくくなります。虫歯予防や初期虫歯の修復のために、必要に応じて殺菌剤やフッ素の塗布をおこないます。  


Posted by koikenina at 16:18Comments(0)