健康、生活 › 2018年06月26日

2018年06月26日

歯の表面の汚れを除去し、プラークの付着しにくい歯面を実現します。

ご家庭でいくら気を付けていても、歯間、歯周ポケット、奥歯の裏側など、歯ブラシでは除去しきれない汚れが存在します。そういった汚れを、歯科医院で専用の器具を用いてクリーニングするのが「PMTC」です。歯間、歯周ポケット、奥歯の裏側のクリーニングはもちろん、歯の表面の黄ばみ、タバコのヤニを除去し、きれいになった歯ぐきも引き締まりますし、以下のようなメリットもあります。

歯の表面の汚れを除去し、プラークの付着しにくい歯面を実現します。
歯ぐきとの間のプラークを除去し、歯肉炎を改善します。
歯の質を強化することができます。
黄ばみ、タバコのヤニを除去し、光沢感のある歯に仕上げます。
自費診療扱いになりますが、多くの方にご満足いただいております。「ホワイトニングには少し抵抗がある」という方には、一度PMTCによるクリーニングを受けられることをお勧めします。
歯科 通販
定期検診の際に行う「噛み合せチェック」
意外に思われるかもしれませんが、歯は少しずつ動いています。歯を支える力があるということは、その力同士が絶えず押し合っているということです。
バランスがとれているときは問題ありませんが、噛み方の癖、歯の欠損、脱落などにより、

歯は動きます。
噛み合わせも、少しずつですが変化しているのです。バランスが崩れると、噛み合わせは大きく変化するようになり、負担を背負う歯が偏り、その歯の寿命が縮むことにもなりかねません。

定期検診の際、当院では噛み合わせのチェックまで行っております。
バランスの良い口内環境を保つために、場合によっては削るほか、かぶせものをすることもあります。
歯科レントゲン

メインテナンスは、みなさまの虫歯リスクや歯周病リスクに応じて、1ヵ月から3ヵ月の間隔でおこなっていきます。まず、担当の歯科医師が口腔内をチェックし、虫歯や歯周病の状態を確認します。その後、衛生士によるクリーニングとメインテナンスをおこなっていきます。しっかりと時間をかけて、磨き残しや歯垢、歯石を取りさります。  


Posted by koikenina at 15:36Comments(0)

2018年06月26日

実際に80%くらいの患者さんが、同じように虫歯にかかって再来院されています

歯が痛くなったときに通院して「治療する」方が多いと思いますが、歯が痛くなる前に通院して「予防する」ことで虫歯や歯周病を防げるほか、口臭が改善したり、虫歯や歯周病の原因菌を早期発見したりすることができます。治療の必要がなければ、麻酔の注射で痛い思いをせず、大がかりな治療で高額な費用を支払うこともありません。虫歯や歯周病になりたくない方はぜひ予防処理の受診にいらしてください。

なぜ歯の予防が大切?
「虫歯になっても歯医者さんで治療すれば大丈夫」と思っている方も多いのでは。歯はたとえ治療しても、二度と元通りの健康な歯に戻ることはありません。虫歯になってしまうと、虫歯の部分を削って詰め物や被せ物をしなければならないのです。しかも治したら終わりというわけでもありません。一度虫歯にかかってしまった歯は虫歯の再発リスクも高いのです。
歯科LED照射器
実際に80%くらいの患者さんが、同じように虫歯にかかって再来院されています。治療した歯が再度虫歯にかからないように、定期検診と定期クリーニングなどの予防メンテナンスが重要です。このように、いつまでも健康な歯を残すためには、日頃から虫歯にかからないように予防することが大切です。ご自身のためにも、大切なお子さんのためにも、家族みんなで虫歯予防を心がけましょう。

早期発見すれば早期治療できる
定期的にお口の検査を受けることによって、お口の中のトラブルを早く発見することができます。虫歯は早期発見すれば早期治療が可能になり、削る範囲も少なくてすみます。これにより、治療にかかる期間や費用も抑えることができるのです。
ホワイトニング装置
虫歯や歯周病を防げる
毎日歯みがきを行っていても、どうしても落としきれない汚れがたまってしまいます。定期的に予防歯科に通って歯のクリーニングを行うことで、虫歯や歯周病にかかるリスクを減らせます。またフッ素の塗布も虫歯予防に効果的です。

さまざまなお口まわりの悩みを解決できる
お口の中を定期的にクリーニングすることで、虫歯だけでなく、口臭なども防ぐことにつながります。また歯の表面を磨くことで着色汚れを目立たなくすることも可能。このように定期的なクリーニングは、お口のさまざまなお悩みを解消できるのです。  


Posted by koikenina at 11:24Comments(0)