健康、生活 › 2018年10月25日

2018年10月25日

歯科医師や歯科衛生士が、正しい歯みがきの指導を行います

毎日の歯のお手入れ、定期的な歯科検診により、あらかじめむし歯になることを防ぎ、ご自身の健康な歯を保つために重要なのがこの予防歯科です。
むし歯になってから歯科医院に行き、治療するのではなく、むし歯にならないためにはどうすればよいかを考えます。
ぜひ、これまで以上にご自身の歯の健康を意識するようにしてみてください。自分でできる予防と歯科医院でできる予防は異なります。どちらも、歯にとって非常に大切なことです。ぜひ、今日から取り組んでみてください。
マイクロモーター 歯科
自分でできる予防(セルフケア)
毎日の歯みがきで、磨き残し、歯垢の汚れを残さないようにするのが第一歩です。正しい歯みがきの方法で、汚れや細菌を取り除いていきます。ただ歯みがきだけでは完全に取り除くことができません。デンタルフロス、デンタルリンスやマウスウォッシュを使い、細菌の繁殖を防ぐことが大切です。正しい歯みがきに加え、これらケア用品を使うことが、むし歯や歯周病の予防に効果的です。

歯科医院での予防(プロフェッショナルケア)
歯科医師や歯科衛生士が、正しい歯みがきの指導を行います。セルフケアの基本でもある毎日の歯みがきを正しく行うことは、予防の観点からも最も大切なことです。その上で、歯石の除去、フッ素塗布などを行います。定期的な歯石除去、フッ素塗布で、いつまでも健康な歯を保つことができるようにしましょう。

定期検診はとても大切です
歯科医院で、むし歯や歯周病を治療することはできます。ただ、それよりも大切なことは、毎日の歯みがきでご自身で健康な歯を維持すること、そして歯科医院での検診を定期的に受けて、口の中の状態を常にチェックすることです。予防と定期検診が浸透している歯科先進国スウェーデンでは、90%の人が80歳時の残存歯数が20本以上というデータもあります。予防と定期検診、2つのケアでむし歯や歯周病を防ぎましょう。
口腔内カメラ
予防が大事です
歯は一度むし歯になると、残念ながら初期の段階を除いて治りません。歯周病も同じく、初期の歯肉炎のときは治りますが、歯周病になると元どうりの健康な状態には治りません。天然の歯にかなうものはないのです。もちろんいったん悪くなってしまってからの治療もきちんと行いますが、患者さんもそして我々も大変です。そこでレミントン歯科では、むし歯と歯周病は予防することが一番大事であると考えています。  


Posted by koikenina at 15:54Comments(0)

2018年10月25日

歯科医師や歯科衛生士が、正しい歯みがきの指導を行います

毎日の歯のお手入れ、定期的な歯科検診により、あらかじめむし歯になることを防ぎ、ご自身の健康な歯を保つために重要なのがこの予防歯科です。
むし歯になってから歯科医院に行き、治療するのではなく、むし歯にならないためにはどうすればよいかを考えます。
ぜひ、これまで以上にご自身の歯の健康を意識するようにしてみてください。自分でできる予防と歯科医院でできる予防は異なります。どちらも、歯にとって非常に大切なことです。ぜひ、今日から取り組んでみてください。

自分でできる予防(セルフケア)
毎日の歯みがきで、磨き残し、歯垢の汚れを残さないようにするのが第一歩です。正しい歯みがきの方法で、汚れや細菌を取り除いていきます。ただ歯みがきだけでは完全に取り除くことができません。デンタルフロス、デンタルリンスやマウスウォッシュを使い、細菌の繁殖を防ぐことが大切です。正しい歯みがきに加え、これらケア用品を使うことが、むし歯や歯周病の予防に効果的です。
歯科技工用マイクロモーター 
歯科医院での予防(プロフェッショナルケア)
歯科医師や歯科衛生士が、正しい歯みがきの指導を行います。セルフケアの基本でもある毎日の歯みがきを正しく行うことは、予防の観点からも最も大切なことです。その上で、歯石の除去、フッ素塗布などを行います。定期的な歯石除去、フッ素塗布で、いつまでも健康な歯を保つことができるようにしましょう。

定期検診はとても大切です
歯科医院で、むし歯や歯周病を治療することはできます。ただ、それよりも大切なことは、毎日の歯みがきでご自身で健康な歯を維持すること、そして歯科医院での検診を定期的に受けて、口の中の状態を常にチェックすることです。予防と定期検診が浸透している歯科先進国スウェーデンでは、90%の人が80歳時の残存歯数が20本以上というデータもあります。予防と定期検診、2つのケアでむし歯や歯周病を防ぎましょう。
エアーモーター
予防が大事です
歯は一度むし歯になると、残念ながら初期の段階を除いて治りません。歯周病も同じく、初期の歯肉炎のときは治りますが、歯周病になると元どうりの健康な状態には治りません。天然の歯にかなうものはないのです。もちろんいったん悪くなってしまってからの治療もきちんと行いますが、患者さんもそして我々も大変です。そこでレミントン歯科では、むし歯と歯周病は予防することが一番大事であると考えています。  


Posted by koikenina at 12:24Comments(0)

2018年10月25日

【予防歯科】虫歯・歯周病にならないお口に

どのような病気も、事前に防止することが1番の治療です。
ご家庭でのむし歯や歯周病の予防といえば歯を磨くことですが、実は正しい歯の磨き方をしている人はほとんどいません。どうしても歯につく細かい雑菌の除去がうまくできておらず、毎日歯磨きをしているのにむし歯や歯周病になってしまいます。ご家庭での歯磨きと並行して、定期的な来院によるメインテナンスを行うことが重要です。

すずらん歯科矯正歯科では、ご家庭でできるむし歯予防、歯周病予防を皆様のライフスタイルに合わせてご提案させて頂くとともに、ご家庭ではどうしても落とせない汚れを定期的な健診で取り除いていきます。
光照射器
歯垢や歯石を残さないことが大切です
歯科医院でのメインテナンスは、むし歯や歯周病を予防し、健康な状態を維持していくためにはとても大切です。細菌の集合体の歯垢は、毎日の歯磨きで除去することが出来ますが、深い歯周ポケットの中や歯並びの悪い所にある細菌は歯磨きだけでは取れません。また、歯石になってしまった部分はいくら頑張って歯磨きをしても自分では取ることができません。

【予防歯科】虫歯・歯周病にならないお口に
「歯医者は、虫歯で歯が痛くなってから行く場所」というイメージを持っている方も多いかもしれません。ですが、一度、虫歯や歯周病になってしまうと、初期の場合は治療が可能ですが、進行してしまうと歯を削ったりすることが必要になってしまいます。虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、お口の健康を維持する治療法が予防歯科です。「虫歯や歯周病の治療を受けたくない」「一生、健康な歯と口を保ちたい」そういった想いを持たれている方は、ぜひ当院へお越しください。
オートクレーブ 価格
スウェーデンは今でこそ「予防歯科先進国」として知られていますが、昔は多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。そんな状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました。プロジェクトの効果は大きく、現在では世界で最も歯科疾患が少ない国だと言われるようになりました。
  


Posted by koikenina at 12:02Comments(0)