健康、生活 › 2018年04月02日

2018年04月02日

歯周病は専門の検査を受けないと判断が難しい疾患です

現代の日本では、80歳以上で20本以上歯が残っている人が半数を超えています。それぐらい意識が高くなってきています。予防すれば歯は残すことが出来ます。今後の課題は、自分で手入れが出来なくなった時にどうしていくかです。年をとってからも健康に過ごす為には、良い歯を残しておくことが重要です。

歯周病の怖さ
歯周病はとても怖い病気ですが、初期では自覚症状がほとんどなく、気づかないまま症状が進んでしまいます。そのまま気づかずに歯周病が進むと、歯を失うことにもつながってきます。
歯科器具中古販売
また、全身性の疾患(糖尿病や高血圧など)も誘発することが明らかになってきました。ご高齢の方にとっては、誤嚥性肺炎の原因にもなります。全身の健康の為にも、歯周病にならないようにすることが非常に大切です。

歯周病の進行度について
歯周病の進行はわかりにくく、多くの方はかなり進んでから歯周病に気づくことがほとんどです。歯周病は専門の検査を受けないと判断が難しい疾患です。

メンテナンスを定期的に行うことが大切
口の中の汚れをゼロに出来れば歯周病は進行しませんが、口の中の汚れは付着していてもわかりにくく、100点満点のブラッシングを毎日することはなかなか難しいことです。日常では70~80点のブラッシングを目指し、数ヶ月に一度のメンテナンスを行うことが、歯周病予防の為には現実的だと思います。自己流で完璧なブラッシングを続けることは難しい為、プロの手を借りてメンテナンスを行っていくことをおすすめします。
ハンドピース
患者様自身が自宅で出来るケア方法
夜寝る前には必ず歯を磨き、綺麗な状態で就寝してください。歯周病もむし歯も寝ている時に進行します。その為にも、綺麗に磨き上げる方法をプロから学んで頂きたいと思います。  


Posted by koikenina at 15:03Comments(0)

2018年04月02日

歯周病には「体の免疫力」も関係してくるから

歯周病は感染症の1つです。そう聞くと「歯周病の治療薬はないの?」とおっしゃる方が多くいますが、残念ながら答えは「NO」です。症状を一時的に抑える薬、つまり対症療法として使う抗生剤はありますが、歯周病を根絶する薬はないのです。

歯周病は成人の8割が患っているといわれており、日本だけでなく世界各国にも多くの患者さんがいます。数ある病気の中で患者数は1位、ギネスブックにも載っているほどです。歯周病を完全に治せる薬があったとしたら、現在のような状態にはなっていないでしょう。もし開発されれば、きっとノーベル賞を受賞するのではないでしょうか。
歯科重合用光照射器
歯周病には「体の免疫力」も関係してくるから
歯周病になる原因は、歯周病菌だけではありません。菌に対する「体の免疫力(体の反応)」も深く関係しています。しかも最近の研究では、菌自体よりも体の反応の方が大きな原因になると報告されているほどです。

つまり、菌に対して過剰反応するような「歯周病体質」の人は歯周病になりやすく、かつ悪化もしやすいということになります。これは、癌体質や高血圧体質、糖尿病体質などと同じです。もし歯周病菌に作用する薬が開発されたとしても、この体質の問題までカバーできなければ、歯周病をなくすことはできないでしょう。
高圧蒸気滅菌器
歯周病の原因と予防法
歯周病の原因は虫歯と同じく、プラークの中の歯周病菌です。プラークは物理的に取り除くことができます。

もっとも効果的なのは、毎日のブラッシングなどのセルフケアと、歯科医院で行うプロフェッショナルケアを組み合わせる方法。プラークは放っておくといずれ歯石となり、ブラッシングでは落とせないほど頑固にこびりつくだけでなく、さらなるプラークの付着を招きます。そのため、毎日のブラッシングを行いながら、予防歯科でのプロケアを年に3~4回受けましょう。  


Posted by koikenina at 12:20Comments(0)