健康、生活 › 2018年04月26日

2018年04月26日

虫歯は放置していても、自然に治ることはありません

進行度によって5つに分類されています。
当院では進行が初期の場合、予防治療によって歯を削らずに治療することを第一としています。中期の虫歯の場合には痛みを感じることがありませんが、この時点で治療を行わないと、虫歯はさらに進行し、激しい痛みが出てきます。そうなってしまうと、治療期間と費用がかかってくるケースが多いです。何か違和感があったらすぐに歯科医院を受診し、早期発見・早期治療でるのがより良いといえます。

虫歯の進行をあらわすサイン
虫歯は放置していても、自然に治ることはありません。そのままの状態が続くと徐々に歯が蝕まれ、さらには神経にまで達し、最終的には抜歯が必要となってしまいます。そのため、早期発見による早期治療が非常に重要です。しかし、初期段階の虫歯には痛みがほとんどないのが特徴です。自覚症状があらわれるころには、すでにある程度進行していると言えるでしょう。つまり、「痛い」「しみる」といった症状が出る前に予防をすることが、虫歯の発症・再発防止にはもっとも大切なのです。
歯科重合用光照射器
「痛い」「しみる」は虫歯の進行をあらわすサインです。また、「しみる」といった自覚症状は虫歯だけでなく、知覚過敏の可能性もあります。こうしたさまざまな口腔内トラブルを防ぐためには、歯科医院による定期検診・メンテナンスがお勧めです。座間市の歯医者「ひばりが丘ライズモール歯科」の一般歯科では、患者さんのお口の健康のために、治療と予防の両方を考えた診療を行っています。

一生快適に暮らすための予防を
虫歯(P2へリンク)や歯周病にかかったら、できるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。しかしそれ以上に大切なことがあります。それは「予防」です。歯や歯ぐきは、一度悪くなるといくら治療をしても“元どおり”にすることはできず、さらに再発のリスクを背負ってしまいます。「まず病気にならない」ことを実現する「予防」に勝るものはないのです。
電気歯髄診断器
Pick up! PMTCの効果
ご自宅での歯みがきでは取り除けないプラークや歯石を除去するPMTCには、以下のような効果が得られます。
1.虫歯の予防
虫歯菌のすみかとなるプラークや歯石を徹底的に取り除くことで、虫歯の予防になります。
2.歯周病の改善
歯周病の原因となる歯周病菌も取り除くことができ、歯周病の改善につながります。
3.歯質の強化
PMTCは仕上げにフッ素入りのペーストを塗布します。フッ素には、歯質を強化して虫歯になりにくい丈夫な歯にする効果があります。
4.きれいなお口に
歯の表面の汚れも除去でき、歯が自然な白さに戻ります。また、口臭も改善されます。  


Posted by koikenina at 14:59Comments(0)

2018年04月26日

歯と歯の間や歯と歯茎の境目には、日々の歯磨きでは落とすことが難しい細かな汚れが残ってしまいます

予防歯科とは痛くなる前の予防が大切!
これまで歯医者へは「歯が痛くなってから行く」という方が多かったのではないでしょうか?確かに歯医者では痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻せません。近年は虫歯や歯周病にならないための予防歯科が重視されています。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯治療によるダメージを歯に与える前のケアが大切です。

虫歯の原因はバイオフィルム
歯と歯の間や歯と歯茎の境目には、日々の歯磨きでは落とすことが難しい細かな汚れが残ってしまいます。この汚れに住み着いた細菌の塊をバイオフィルムといいます。このバイオフィルムを放っておくと虫歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となってしまいます。またバイオフィルムが歯の表面に形成されてしまうと、抗菌剤やフッ素化合物などの効果が十分に期待されなくなります。
ハンドピース
PMTC
プロによる徹底的なクリーニング「PMTC」PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かない箇所ができてしまうため、磨き残しが出てしまいます。PMTCを行うことで、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保つことができます。

予防歯科とは、虫歯や歯周病などにかかる前に予防することです。日本では悪くなってから治すことが当たり前となっており、健康保険制度でも予防歯科は取り入れられてないので、予防歯科に関する認知度も低くなっています。しかし、歯を守るために本当に必要なことは、虫歯になる前や、歯科治療完了後のメンテナンスを行うことにより、治療ではなく予防することが大切でしょう。
口腔内カメラ
プラークとは
歯面に付着した細菌の塊で、粘着性のある白色や黄白色の付着物です。虫歯や歯周病などさまざまな病気の原因となります。歯ブラシで落とすことができるため、毎日のブラッシングでしっかりと除去することが大切です。

ステインとは
お茶やコーヒー、ワインに含まれる色素や、タバコのヤニなどが歯面に沈着したものです。
時間経過とともに通常の歯ブラシでは落としにくくなります。毎日のブラッシングで予防することが大切です。  


Posted by koikenina at 12:04Comments(0)