健康、生活 › 2019年05月28日

2019年05月28日

「8020」は「ハチマルニイマル」と読み、80歳になって20本以上の自分の歯を保とうという運動です

かつて、歯科医院は"歯が痛くなってから行く場所"でした。
ところが、健康な歯を保つためには、その前のケアこそが大切という考え方が広まり、現在では"歯が痛くならないために行く場所"へと変わりつつあります。予防のために来院された際は、お口の中のトラブルがないかどうかをチェックし、クリーニングなどによって歯石やプラークを除去します。こうして定期的にご来院いただくことで、虫歯や歯周病などのトラブルを未然に防ぎ、健康で美しい歯を保つことができます。
歯科レントゲン
歯科先進国では、「予防」の習慣は常識です
虫歯や歯肉炎、歯周病などのお口のトラブルや病気にならないようにする「予防歯科」が浸透しているスウェーデンでは、80歳の方でも平均20本の歯を保っているという事実があります。一方、日本では80歳の方の歯は平均してたったの8本です。通常、永久歯は親知らずを除くと28本ですので、約1/4しか残ってないのが現状なのです。また、定期検診・クリーニングを受けている人の割合が2%というデータも気になりますよね。
80歳になっても自分の歯をしっかり残すためには、定期検診・クリーニングによるケアが非常に大切だと言えます。

ご存知ですか?【8020運動】
「8020」は「ハチマルニイマル」と読み、80歳になって20本以上の自分の歯を保とうという運動です。平成元年に厚生省(現厚労省)と日本歯科医師会が提唱しました。永久歯は親知らずを除くと28本ありますが、その内20本が健在なら、自分の歯で食べ物を噛みくだくことができます。健康で長生きをするために、ぜひ定期的なメンテナンスを受け、80歳で20本以上の歯を残しましょう。
高速滅菌器
費用という面から見ても、予防歯科は効果テキメンです
医療費はどちらが安い?
例えば3ヵ月に1回の定期検診に通うのと、虫歯になってから治療を受けるのとでは、どちらが治療費を安く抑えられるでしょうか。定期検診にかかる費用は、年間約10,000円程度(2,500円×4回)です。これに対し、虫歯になってしまえば虫歯の治療はもちろん、詰め物・被せ物などの費用もかかってしまいます。そして何より皆さまに知っていただきたいのは、虫歯治療は一度治してしまえばお終いではないということです。  


Posted by koikenina at 12:41Comments(0)

2019年05月28日

普通の歯磨きでは汚れの取りにくい、歯と歯の間や歯と歯肉の境目などをケアしていきます。

最近になり、歯周病が身体の疾患の原因のひとつとしてクローズアップされるようになりました。
虫歯および歯周病の原因は、お口の中で繁殖するプラークという細菌です。
予防歯科の基本は、定期的な健診を行い、このリスクをできるだけ早いうちに回避しコントロールすることです。
当院では、予防を充分に行なう事により、患者さんのお口が、快適な状態で病気にかからないよう、健康なお口の状態を一生保てることを目標にしています。
歯のクリーニング、PMTC

普通の歯磨きでは汚れの取りにくい、歯と歯の間や歯と歯肉の境目などをケアしていきます。
歯垢・歯石除去、歯周ポケット内の掃除、歯の表面の着色なども除去することによって歯肉炎・歯周病の予防することが可能です。
シーラント予防填塞法

食べ物を噛む溝は、虫歯ができやすいため、予防的に溝をシールする方法です。 特にお子さんの乳歯などに高い効果があります。シーラントは歯を削りませんので、お子さんが怖がることもありません。
フッ素による予防効果
照射器 歯科
虫歯の進行抑制するには、サホライドと抗菌剤の塗布も適時行っています。
口臭予防に舌ブラッシング

口臭の原因の70~80%が舌の汚れだと言われています。 舌の上につく白い汚れは口臭の原因にもなります。
この白い汚れは歯垢(プラーク)です。専用の舌クリーナーを使って、舌のケアもしていきましょう。
小型高圧蒸気滅菌器
1人1人に合ったブラッシング指導
予防歯科では、ブラッシング指導も行います。
PMTCで歯を磨き上げてもらっても、その効果はしばらくすると消えてしまいます。虫歯や歯周病を予防するには患者様自身が正しいブラッシングを行う他ないのです。
正しいブラッシングとは、色々な病気を引き起こしてしまうプラークを、しっかりと取り除ける歯の磨き方を意味します。歯並びが1人1人で異なるため、ブラッシング指導では、それぞれの患者様に合った歯の磨き方をアドバイスいたします。  


Posted by koikenina at 12:06Comments(0)